「ファイル」には以下のコマンドが収録されています。

解説されているコマンド一覧
catファイルを表示したり、連結して標準出力に出力する。
chgrpファイルやディレクトリのグループを変更する
chmodファイルやディレクトリのアクセス権を変更する
chownファイルやディレクトリの所有者を変更する
cmp2つのファイルを1バイトずつ比較する
cpファイルやディレクトリをコピーする
cutテキスト、ファイルの各行から指定した部分を表示する
diff2つのファイル、ディレクトリの違いを表示して、その差分を抽出する
duディレクトリのディスク使用量を表示する
echo引数に与えられた文字列をファイルに追加したりファイルを作成したりする
findファイルやディレクトリを検索したりディレクトリのファイルを表示する
grep文字列をファイルから検索したり、コマンドの出力結果から必要な部分を抜き出したりする
gzipファイルやディレクトリを圧縮、展開する
headファイルの先頭部分を表示する
join2つのファイルでフィールドが共通な行を結合して1つのファイルにする
lessテキストファイルの内容を表示する
lnファイルやディレクトリにハードリンクやシンボリックリンクを張る
locateファイル名データベースからファイルやディレクトリを検索する
lprファイルを印刷する
lprm印刷ジョブをキューから削除する
lsディレクトリの内容を表示する
moreファイルの内容を一画面ずつ表示する
mvファイルやディレクトリを移動したり名前を変更したりする
nl行番号を付けてファイルを出力する
paste2つのファイルを行単位でマージ(結合)する
patchdiffコマンドで作成された差分ファイルを自動的に適用してファイルを更新する
pr印刷用にファイルのページ付、段組みを行う
renameファイル名を変更する
rmファイルやディレクトリを削除する
shellリダイレクトやパイプなどのサービスを提供する
splitファイルを指定したサイズに分割する
tacファイルの内容を逆順に表示する
tailファイルの末尾の部分を表示する
tarファイルの圧縮、展開を行うアーカイブ・ユーティリティー
touchファイルのタイムスタンプ(アクセス時刻と修正時刻)を変更する
umaskファイル作成時のパーミッション設定の為のマスク値を設定する
zcat圧縮ファイルの内容を表示する
zdiff
zmore圧縮ファイルの内容を表示する