すべてを

▼開く

閉じる▲

複数のファイルを1つのアーカイブファイルにする

○複数ファイルを1つのアーカイブファイル「RFC.tar」にする

lsコマンドでアーカイブにするファイルを見る
$ ls -l
合計 1248
-rw-r--r--    1 masa     users      315315  4月 12 18:18 rfc1000.txt
-rw-r--r--    1 masa     users      154427  4月 12 18:18 rfc1001.txt
-rw-r--r--    1 masa     users      165250  4月 12 18:18 rfc1002.txt
-rw-r--r--    1 masa     users       19405  4月 12 18:18 rfc1003.txt
-rw-r--r--    1 masa     users       20952  4月 12 18:18 rfc1004.txt
-rw-r--r--    1 masa     users       68051  4月 12 18:18 rfc1005.txt
-rw-r--r--    1 masa     users       30798  4月 12 18:18 rfc1006.txt
-rw-r--r--    1 masa     users       49925  4月 12 18:18 rfc1007.txt
-rw-r--r--    1 masa     users      200357  4月 12 18:18 rfc1008.txt
-rw-r--r--    1 masa     users      125039  4月 12 18:18 rfc1009.txt
-rw-r--r--    1 masa     users       75628  4月 12 18:18 rfc1010.txt

tarコマンドで、-cfオプション、保存先、ファイルを指定する
$ tar -cf /tmp/RFC.tar rfc*.txt

tarコマンドで-cfオプション、保存先ディレクトリとファイル名、ファイルを指定すると、指定されたファイルが一つに連結されてアーカイブファイルとして保存される。

tarファイルは、複数のファイルとディレクトリを1つにまとめてディスクの消費量を減らし、さらにこれを圧縮ファイルにして保存、流通させるのに便利である。

lsコマンドでコマンドの実行結果を確認する
$ ls -l /tmp/RFC.tar
-rw-r--r--    1 masa     users     1239040  4月 12 18:21 /tmp/RFC.tar

ディレクトリを1つのアーカイブファイルにする

○ホームディレクトリを1つのアーカイブファイル「masa_home.tar」にする

tarコマンドで、-cfオプション、保存先、ディレクトリを指定する
$ tar -cf /tmp/masa_home.tar masa

tarコマンドで-cfオプション、アーカイブファイルを保存するディレクトリ「/tmp/」とアーカイブ名「masa_home.tar」、アーカイブするホームディレクトリ「masa」を指定すると、ファイルとディレクトリを一つにまとめたファイル「masa_home.tar」が作成される。

コマンドの実行結果をリストで見る
$ ls -l /tmp/
-rw-r--r--    1 masa     users     6051840  6月 15 16:27 masa_home.tar

このコマンドを実行するときのディレクトリは、lsコマンドでディレクトリ「masa」が表示されるディレクトリで行う。