すべてを

▼開く

閉じる▲

コンソールの操作を指定したファイルに追加記録する

○コンソールの操作を「logfile.txt」に追加記録する

scriptで-aオプション、ファイル名を指定する
$ script -a logfile.txt
スクリプトを開始しました、ファイルは logfile.txt です

$ exit
exit
スクリプトを終了しました、ファイルは logfile.txt です

scriptコマンドで-aオプションを指定して記録するファイル名「logfile.txt」を指示して実行すると、コンソールの操作をカレントディレクトリの「logfile.txt」に追加して記録する。この記録を終了させる時は、「exit」[Return]と入力する。