すべてを

▼開く

閉じる▲

ディレクトリとその中身を削除する

○ディレクトリ「dir1」を削除する

lsコマンドで削除するディレクトリを見る
$ ls -lR
drwxr-xr-x    2 masa     users        4096  6月 12 17:43 dir1
-rw-r--r--    1 masa     users         256  6月 12 17:26 file1.txt

./dir1:
合計 0
-rw-r--r--    1 masa     users         256  6月 12 17:43 file1.txt

rmコマンドで-rオプション、ディレクトリを指定する
$ rm -r dir1

rmコマンドで-rオプションを指定して削除するディレクトリ「dir1」を指定すると、ディレクトリ「dir1」が削除される。ディレクトリの中にあるファイルも同時に削除される。

コマンドの実行結果を見る
$ ls -lR
-rw-r--r--    1 masa     users         256  6月 12 17:26 file1.txt

所有権が自分または自分の属するグループ以外の他人のディレクトリは削除できない。

削除できるファイル
ディレクトリの所有権が自分にあり、かつ書き込み許可がある
ディレクトリの所有権が自分と同じグループのユーザにあり、かつ書き込み許可がある

●ディレクトリに書き込み許可がない場合

ディレクトリに書き込み許可がない場合、削除してもよいか問い合わせてくる。

lsコマンドで削除するディレクトリを見る
$ ls -l
dr-xr-xr-x    2 masa     users        4096  6月 12 18:52 dir1

rmコマンドで-rオプション、ディレクトリを指定する
$ rm -r dir1
rm: remove write-protected ディレクトリ `dir1'? y

削除してもよい場合は「y」[Return]を入力、削除しない場合は「n」[Return]を入力する。

rmコマンドのオプション
オプション 意 味
-r ディレクトリの中身を再帰的に削除する