すべてを

▼開く

閉じる▲

行間を1行あけてテキストファイルを印刷する

○テキストファイル「calender」の行間を1行あけて印刷する

catコマンドで印刷するファイルを見る
$ cat calender
      1月 2007              2月 2007              3月 2007
日 月 火 水 木 金 土  日 月 火 水 木 金 土  日 月 火 水 木 金 土
    1  2  3  4  5  6               1  2  3               1  2  3
 7  8  9 10 11 12 13   4  5  6  7  8  9 10   4  5  6  7  8  9 10
14 15 16 17 18 19 20  11 12 13 14 15 16 17  11 12 13 14 15 16 17
21 22 23 24 25 26 27  18 19 20 21 22 23 24  18 19 20 21 22 23 24
28 29 30 31           25 26 27 28           25 26 27 28 29 30 31


prコマンドで-dオプション、ファイル名を指定し、パイプでlprコマンドに送る
$ pr -d calender | lpr

prコマンドで、-dオプション、印刷ファイル「calender」を指定し、パイプ「|」でlprコマンドに送ると、ファイル「calender」の内容が1行おきに印刷される。

prコマンドのオプション
-d 行と行を1行あける(ダブルスペース)

ヘッダには、ファイルのタイムスタンプとファイル名が印刷される。prコマンドを実行した時刻ではない。

prコマンドでファイルを印刷用に整形して画面に出力する
$ pr -d calender


2006-03-30 18:06                    calender                    1 ページ


      1月 2007              2月 2007              3月 2007

日 月 火 水 木 金 土  日 月 火 水 木 金 土  日 月 火 水 木 金 土

    1  2  3  4  5  6               1  2  3               1  2  3

 7  8  9 10 11 12 13   4  5  6  7  8  9 10   4  5  6  7  8  9 10

14 15 16 17 18 19 20  11 12 13 14 15 16 17  11 12 13 14 15 16 17

21 22 23 24 25 26 27  18 19 20 21 22 23 24  18 19 20 21 22 23 24

28 29 30 31           25 26 27 28           25 26 27 28 29 30 31
















































prコマンドの初期設定値
設定項目 初期設定値 変更する場合のオプション指定
ページ長 66行
  (ヘッダ5行、フッタ5行を含む)
-l 数値
ページ幅 72文字 -W 数値
ヘッダ 5行
  (2行の空行
  日付・ファイル名・ページ番号
  2行の空行)
フッタ 5行の空行
左マージン 0文字 -o 数値