すべてを

▼開く

閉じる▲

ファイルタイプを区別してディレクトリの内容を一覧表示する

○ファイルタイプを区別してカレントディレクトリの内容を一覧表示する

lsコマンドで-Fオプションを指定する
$ ls -F
Desktop/  dir1/  file1.txt  hlinkfile.txt
command*  dir2/  file2.txt  slinkfile.txt@

lsコマンドで-Fオプションを指定して実行すると、ファイルタイプを区別して表示する。ディレクトリであれば末尾に「/」、実行形式のファイルであれば末尾に「*」、シンボリックリンクであれば末尾に「@」が付く。

ファイルタイプの記号
記号 意 味
/ ディレクトリ
* 実行形式のファイル
@ シンボリックリンク
= ソケット
| FIFO
lsコマンドのオプション
-F ファイルタイプを記号で表示する