すべてを

▼開く

閉じる▲

ディレクトリのすべてのファイルを表示する

○隠しファイル、隠しディレクトリを含めてカレントディレクトリの内容を表示する

lsコマンドで-aオプションを指定する
$ ls -a
.              .esd_auth          .kde                     .rhn-applet.cache
..             .fonts.cache-1     .mailcap                 .rhn-applet.conf
.ICEauthority  .gconf             .metacity                .sversionrc
.Xauthority    .gconfd            .mime.types              .xemacs
.bash_history  .gnome             .mozilla                 .xsession-errors
.bash_logout   .gnome-desktop     .nautilus                evolution
.bash_profile  .gnome2            .openoffice              lfile2
.bashrc        .gnome2_private    .openoffice-install-log  mbox
.canna         .gtkrc             .openoffice-lock         sfile1
.emacs         .gtkrc-1.2-gnome2  .recently-used           work

lsコマンドで-aオプションを指定して実行すると、隠しファイルを含めてすべてのファイルを表示する。通常、「.」で始まるファイル名、ディレクトリ名は表示されない。

Red Hat Linuxでは、文字の色によりファイルとディレクトリなどの区別がつくようになっている。

lsコマンドのオプション
-a すべてのファイル、ディレクトリを表示する