すべてを

▼開く

閉じる▲

ファイルの内容とその表示位置(行数と%)を表示する

○ファイル「boot.log」の内容と表示位置(行数と%)を表示する

lessコマンドで-Mオプション、ファイルを指定する
$ less -M boot.log
Apr  6 13:44:46 localhost xinetd: xinetd startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost sendmail: sendmail startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost sendmail: sm-client startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost gpm: gpm startup succeeded
Apr  6 13:44:52 localhost canna:  succeeded
Apr  6 13:44:52 localhost crond: crond startup succeeded
Apr  6 13:44:57 localhost xfs: xfs startup succeeded
Apr  6 13:44:57 localhost atd: atd startup succeeded
Apr  6 13:44:58 localhost firstboot: .
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot:
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot: XFree86 Version 4.3.0
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot:  (Red Hat Enterprise Linux release: 4.3.0-35.EL)
boot.log lines 1-53/1988 3%

lessコマンドで-Mオプションと表示するファイル「boot.log」を指定すると、ファイルの内容が表示され、最下段にファイルのどの部分が表示されているかが表示される。

この例では、1-53が現在表示されている部分の行番号、1988がファイルの全行数、3%がファイルの先頭から表示されている部分の割合を示す。

画面制御のキー操作
戻る 進む
1行戻る y 1行進む [Return]
半画面戻る u 半画面進む d
1画面戻る b 1画面進む [Space]
1行目に戻る g 最終行に進む G

情報表示のキー操作
行番号の表示 -N [Return]
行番号の非表示 -N [Return]
表示位置の表示 -m
表示位置の表示(詳細) -M