すべてを

▼開く

閉じる▲

特殊文字を使ったテキストファイルを作成する

○テキストファイルの中で特殊文字を使う

/bin/echoコマンドで-eオプションでテキストを入力する
$ /bin/echo -e "\t Hello!" 
         Hello!

/bin/echoコマンドで、-eオプションを指定し、「”」(ダブルクォーテーションマーク)で囲ってテキスト「\t hello!」を入力する。タブは、「\t」と表記する。

通常、echoコマンドでテキストを入力中にはタブは効かない。ただし、このオプションは、/bin/echoコマンドでのみ有効である。bashなどの多くのシェルに組み込まれているechoコマンドでは-eオプションが機能しない。そのため、-eオプションを使用する場合には、使用するコマンド「/bin/echo」を指定しなくてはならない。

/bin/echoコマンドで、-eオプションを指定すると、バックスラッシュでエスケープされた以下の文字の解釈が有効になる。

エスケープ文字 意 味
\a アラート (ベル)
\b バックスペース
\c 行末の改行を出力しない
\f フォームフィード (form feed)
\n 改行 (newline)
\r 復帰 (carriage return)
\t 水平タブ
\v 垂直タブ
\\ バックスラッシュ
\nnn アスキーコードが nnn (8進) の文字