すべてを

▼開く

閉じる▲

ファイルシステムの種類を表示する

○ファイルシステムの種類を表示する

dfコマンドを-Tオプションで実行する
$ df -T
Filesystem    タイプ   1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2     ext3    12689724   3535660   8509456  30% /
/dev/hda1     ext3      101089     28642     67228  30% /boot
none         tmpfs       58588         0     58588   0% /dev/shm
/dev/cdrom iso9660      638478    638478         0 100% /mnt/cdrom

dfコマンドに-Tオプションを付けて実行すると、第2列目にファイルシステムの種類が表示される。

dfコマンドで表示される項目

Filesystem タイプ 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
デバイス名 ファイルシステムの種類 1024バイトを1ブロックとしたファイルシステムのブロック数 既に使用されたブロック数 使用できるブロック数 使用された比率 ファイルシステムがマウントされている位置

ファイルシステムの種類

ファイルシステム 説 明
ext2 Linuxの標準的なファイルシステム
ext3 Linuxの標準的なファイルシステム。現在の主流
ReiserFS ジャーナリング機能を持ったファイルシステム。サーバなどで使われる。
iso9660 CD-ROMで利用されているファイルシステム
hfs Mac OSで利用されているファイルシステム

利用可能なファイルシステムはLinuxのディストリビューションによって異なる。どのファイルシステムが利用できるかは、「/etc/filesystems」ファイルに記述されている。

$ cat /etc/filesystems
ext3
ext2
nodev proc
nodev devpts
iso9660
vfat
hfs