すべてを

▼開く

閉じる▲

コピー元ファイルの属性を保存してコピーする

○ファイル「file1」のファイル情報を保持して「file2」を作成する

cpコマンドで-pオプション、コピー元ファイルとコピー先ファイルを指定する
$ cp -p file1 file2

lsコマンドでコマンド実行結果を確認する
$ ls -l
-rw-rw-r--    1 masa users           0  5月  6 16:45 file1
-rw-rw-r--    1 masa users           0  5月  6 16:45 file2

cpコマンドで-pオプションを指定して、コピー元ファイル「file1」とコピーファイル「file2」を指示すると、コピー元ファイル「file1」の所有者・グループ・アクセス権・アクセス時刻などの情報が保持されたまま「file2」にコピーされる。

通常のコピーでは、コピーされたファイルの所有者・グループ・アクセス権・アクセス時刻は、コピー時のものに変更され、コピー元とは異なるものになる。

これらの情報が異なることで不都合が生じる場合には、このオプションを利用してコピーを実行する。