すべてを

▼開く

閉じる▲

予約されたジョブを削除する

○atrmコマンドでジョブID3のジョブを削除する

atqコマンドを実行してジョブIDを調べる
$ atq
3       2004-07-07 17:00 a root

atrmコマンドでジョブを削除する
$ atrm 3

まずatqコマンドを実行すると、予約されたジョブの一覧が表示される。この一覧の先頭の数字がジョブIDである。次にatrmコマンドでジョブIDの「3」を指定すると、ジョブID「3」のジョブが削除される。

○atコマンドでジョブID3のジョブを削除する。

atコマンドの-lオプションでジョブIDを調べる
$ at -l
3       2004-07-07 17:00 a root

atコマンドを-dオプションでジョブを削除する
$ at -d 3

まずatコマンドで-lオプションを指定して実行すると、予約されたジョブの一覧が表示される。この一覧の先頭の数字がジョブIDである。次にatコマンドで-dオプションを指定し、ジョブID「3」を指定すると、ジョブID「3」のジョブが削除される。