すべてを

▼開く

閉じる▲

リダイレクト「<」を使って標準入力をファイルに変更する

○sedコマンドの入力をリダイレクト「<」を使ってファイルに変更する

sedコマンドで置換パターン、リダイレクト、ファイルを指定する
$ sed 's/streaming/stream/' < desc.txt

sedコマンドで置換パターン「's/streaming/stream/'」、リダイレクト「<」でファイル「desc.txt」を指定する。このリダイレクト「<」で、コマンドの標準入力がキーボードからファイル「desc.txt」に変更されて、ファイルの内容が置換パターン「's/streaming/stream/'」で置換されて標準出力(この場合は画面)に出力される。

小なり記号「<」は、標準入力の変更を意味するキャラクタで、リダイレクト、リダイレクション、I/Oリダイレクション、入力リダイレクションとも呼ばれる。標準入力は、キーボードに設定されているので、これを変更してファイルやデバイスなどにする時に利用する。シェルがこれを解釈してコマンドを実行する。