すべてを

▼開く

閉じる▲

コマンドの出力をパイプ「|」で次のコマンドに送る

○psコマンドの出力をパイプ「|」でgrepコマンドに送って検索する

psコマンドの出力をパイプ「|」でgrepコマンドに送る
$ ps -aux | grep bash
masa      1425  0.0  0.3  5244 1416 pts/0    S    14:48   0:00 -bash
masa      1536  0.0  0.1  4696  704 pts/0    S    17:18   0:00 grep bash

psコマンドで-auxオプション、パイプ「|」、grepコマンドで検索文字列「bash」を指定すると、psコマンドの出力がgrepコマンドに送られて検索結果が画面に表示される。

パイプ「|」は、コマンドの出力を次のコマンドの入力につなげる働きをするシェルの機能である。

「|」は、コマンドの出力を次のコマンドの入力につなげる働きをする、パイプと呼ばれる。シェルがこれを解釈してコマンドを実行する。