すべてを

▼開く

閉じる▲

ジョブ番号を指定して印刷ジョブをキューから削除する

○ジョブ番号3の印刷ジョブをキューから削除する

lpqコマンドでジョブ番号を調べる
$ lpq
BJS500 is ready and printing
Rank    Owner   Job     File(s)                         Total Size
active  masa    3       T_list.txt                      12288 bytes

lprmコマンドでジョブ番号を指定する
$ lprm 3

lprmコマンドで、ジョブ番号「3」を指定して実行すると、印刷キューにあるジョブ番号「3」の印刷待ちが削除される。

最近のプリンタは、USB接続による高速転送やプリンタ内蔵のバッファ容量の増加により、印刷ジョブがOS側に留まっている時間が短くなっている。そのため、印刷コマンドを実行すると、すぐにプリンタに転送されて、キューに留まっている時間が短いため削除するのが困難になっている。

lpqコマンドで印刷キューを確認する
$ lpq
BJS500 is ready
no entries

印刷ジョブが削除されて印刷キューには何も残っていないことが判る。

プリンタを指定して印刷ジョブをキューから削除する

○プリンタ名「BJS500」を指定して印刷ジョブをキューから削除する

lpqコマンドでジョブ番号を調べる
$ lpq
BJS500 is ready
Rank    Owner   Job     File(s)                         Total Size
1st     masa    5       T_list.txt                      12288 bytes

lprmコマンドでジョブ番号を指定する
$ lprm BJS500

lprmコマンドで、プリンタ名「BJS500」を指定して実行すると、プリンタBJS500にあるジョブの印刷待ちが削除される。

lpqコマンドで印刷キューを確認する
$ lpq
BJS500 is ready
no entries

印刷ジョブが削除されて印刷キューには何も残っていないことが判る。

●1度に1つのジョブが削除される

lpqコマンドで印刷キューを見ると、2つのジョブがある
$ lpq
BJS500 is ready and printing
Rank    Owner   Job     File(s)                         Total Size
active  masa    14      Test1                           12288 bytes
1st     masa    15      Test2                           12288 bytes

lprmコマンドでプリンタを指定して印刷ジョブを削除する
$ lprm BJS500

lpqコマンドで印刷キューを見ると、ジョブ番号15が残っている
$ lpq
BJS500 is ready and printing
Rank    Owner   Job     File(s)                         Total Size
active  masa    15      Test2                           12288 bytes

プリンタを指定して印刷ジョブを削除すると、指定したプリンタのすべてのジョブが削除されるわけではない。現在アクティブになっているジョブが1つ削除されるだけである。