すべてを

▼開く

閉じる▲

圧縮アーカイブファイル(.tar.gz)の内容を表示する

○圧縮アーカイブファイル「lha-114i.tar.gz」の内容を表示する

zcatコマンドで圧縮アーカイブファイルを指定する
$ zcat lha-114i.tar.gz
lha-114i/

lha-114i/src/

lha-114i/src/Makefile

##############################################################################
# Makefile for LHarc UNIX Archiver Driver
#                                       Copyright(C) MCMLXXXIX  Yooichi.Tagawa
# V0.01  Alpha Version                                  1989.05.28  Y.Tagawa
# V0.02  Alpha Version R2                               1989.05.29  Y.Tagawa
# V0.03  Release #3  Beta Version               1989.07.02  Y.Tagawa
# V0.03b Modified                                               1989.07.13  Y.Tagawa
# V1.00  Fixed                                                  1989.09.19  Y.Tagawa
#
# for OSK
# V1.08                                                                 1990.10.09  Sakura To
mozou
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下略・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

zcatコマンドで、圧縮されたアーカイブファイル「lha-114i.tar.gz」を指定すると、このファイルの内容が表示される。tarアーカイブも自動的に展開されて、すべてのファイルを表示する。

圧縮ファイルの内容を表示する(zcatコマンド)

○圧縮ファイル「messages.log.gz」の内容を表示する

zcatコマンドでファイル名を指定する
$ zcat messages.log.gz
Apr  6 13:44:30 localhost syslogd 1.4.1: restart.
Apr  6 13:44:30 localhost syslog: syslogd startup succeeded
Apr  6 13:44:30 localhost kernel: klogd 1.4.1, log source = /proc/kmsg started.
Apr  6 13:44:30 localhost kernel: Linux version 2.4.21-4.EL (bhcompile@daffy.perf.redhat.com) (gcc version 3.2.3 20030502 (Red Hat Linux 3.2.3-20)) #1 Fri Oct 3 18:13:58 EDT 2003
Apr  6 13:44:30 localhost kernel: BIOS-provided physical RAM map:

zcatコマンドで、圧縮されたファイル「messages.log.gz」を指定すると、このファイルの内容が表示される。圧縮ファイルを伸張せずに直接内容を表示する。

圧縮ファイルの内容を表示する(zmoreコマンド)

○圧縮ファイル「cp.1.gz」の内容を表示する

zmoreコマンドで圧縮ファイルを指定する
$ zmore /usr/share/man/man1/cp.1.gz
------> cp.1.gz <------
.\" DO NOT MODIFY THIS FILE!  It was generated by help2man 1.022.
.TH CP "1" "March 2004" "cp (coreutils) 5.0" FSF
.SH NAME
cp \- copy files and directories
.SH SYNOPSIS
.B cp
[\fIOPTION\fR]... \fISOURCE DEST\fR
.br
.B cp
[\fIOPTION\fR]... \fISOURCE\fR... \fIDIRECTORY\fR
.br

zmoreコマンドで圧縮ファイル「cp.1.gz」を指定すると、圧縮ファイルの内容を伸張せずに見ることができる。ファイルを見る操作はmoreコマンドと同じである。ただし、圧縮ファイルの中にバイナリファイルが存在すれば、画面が乱れて正しく見ることができないのはmoreコマンドと同じである。