すべてを

▼開く

閉じる▲

プロセスをハングアップさせる

○実行中の「sendmail」をハングアップさせる

sendmailのプロセスIDを調べる
$ ps -ax | grep sendmail
 2679 ?        S      0:00 /usr/sbin/sendmail -bd -q1h
 2686 ?        S      0:00 sendmail: Queue runner@01:00:00 for /var/spool/clientmqueue

killコマンドで-HUPオプション、プロセスIDを指定する
$ kill -HUP 2679

killコマンドで-HUPオプションを指定してプロセスID「2679」を指定すると、実行しているプロセスを一旦終了させて再起動する。設定を変更して再起動させたい場合に使用する。ただし、起動時に設定を読み込むプログラムの場合でのみ有効である。

再起動後のsendmailのプロセスを見る
$ ps -ax | grep sendmail
 2686 ?        S      0:00 sendmail: Queue runner@01:00:00 for /var/spool/clientmqueue
 2709 ?        S      0:00 sendmail: accepting connections