すべてを

▼開く

閉じる▲

環境変数のコマンドパスを表示する

○環境変数のうち、コマンドパスを表示する

printenvコマンドでPATH設定を表示する
$ printenv PATH
/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/X11R6/bin:/home/masa/bin

printenvコマンドで「PATH」を指定すると、コマンドパスが表示される。

envコマンドでも同様にコマンドパスを表示することができる。

envコマンドの出力をgrepで検索する
$ env |grep PATH
PATH=/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/X11R6/bin:/home/masa/bin

envコマンドで、その出力をパイプ「|」で「grep」に与えて「PATH」を検索すると、コマンドパスが表示される。

環境変数のシェルを表示する

○環境変数のうち、シェルを表示する

printenvコマンドでSHELL設定を表示する
$ printenv SHELL
/bin/bash

printenvコマンドで「SHELL」を指定すると、シェルが表示される。

envコマンドでも同様にシェルを表示することができる。

envコマンドの出力をgrepで検索する
$ env | grep SHELL
SHELL=/bin/bash

envコマンドの出力をパイプ「|」で「grep」に与えて「SHELL」を検索すると、シェルが表示される。

環境変数のホームディレクトリを表示する

○環境変数のうち、ホームディレクトリを表示する

printenvコマンドでHOME設定を表示する
$ printenv HOME
/home/masa

printenvコマンドで「HOME」を指定すると、ホームディレクトリが表示される。

envコマンドでも同様にホームディレクトリを表示することができる。

envコマンドの出力をgrepで検索する
$ env | grep HOME
HOME=/home/masa

envコマンドで、その出力をパイプ「|」で「grep」に与えて「HOME」を検索すると、ホームディレクトリが表示される。

環境変数の言語設定を表示する

○環境変数のうち、言語設定を表示する

printenvコマンドでLANG設定を表示する
$ printenv LANG
ja_JP.eucJP

printenvコマンドで「LANG」を指定すると、言語設定が表示される。

envコマンドでも同様に言語設定を表示することができる。

envコマンドの出力をgrepで検索する
$ env | grep LANG
LANG=ja_JP.eucJP

envコマンドで、その出力をパイプ「|」で「grep」に与えて「LANG」を検索すると、言語設定が表示される。

環境変数をすべて表示する

○現在設定されている環境変数をすべて表示する

printenvコマンドを実行する
$ env
HOSTNAME=polo
TERM=xterm
SHELL=/bin/bash
JLESSCHARSET=japanese-euc
HISTSIZE=1000
SSH_CLIENT=192.168.0.3 1125 22
SSH_TTY=/dev/pts/0
USER=masa
LS_COLORS=no=00:fi=00:di=00;34:ln=00;36:pi=40;33:so=00;35:bd=40;33;01:cd=40;33;01:or=01;05;37;41:mi=01;05;37;41:ex=00;32:*.cmd=00;32:*.exe=00;32:*.com=00;32:*.btm=00;32:*.bat=00;32:*.sh=00;32:*.csh=00;32:*.tar=00;31:*.tgz=00;31:*.arj=00;31:*.taz=00;31:*.lzh=00;31:*.zip=00;31:*.z=00;31:*.Z=00;31:*.gz=00;31:*.bz2=00;31:*.bz=00;31:*.tz=00;31:*.rpm=00;31:*.cpio=00;31:*.jpg=00;35:*.gif=00;35:*.bmp=00;35:*.xbm=00;35:*.xpm=00;35:*.png=00;35:*.tif=00;35:
MAIL=/var/spool/mail/masa
PATH=/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/X11R6/bin:/home/masa/bin
INPUTRC=/etc/inputrc
PWD=/home/masa/work/mv
LANG=ja_JP.eucJP
SSH_ASKPASS=/usr/libexec/openssh/gnome-ssh-askpass
SHLVL=1
HOME=/home/masa
LOGNAME=masa
SSH_CONNECTION=192.168.0.3 1125 192.168.0.9 22
LESSOPEN=|/usr/bin/lesspipe.sh %s
G_BROKEN_FILENAMES=1
_=/bin/env
OLDPWD=/home/masa/work

printenvコマンドを実行すると、現在設定されている環境変数を表示する。

envコマンドでも同様に環境変数を表示することができる。