すべてを

▼開く

閉じる▲

空のファイルを作成する(echoコマンド)

○空のファイル(サイズが0)のファイル「file」を作成する。

echoコマンドで-nオプションでファイルに出力する
$ echo -n > file

lsコマンドで生成されたファイルの詳細を見る
$ ls -l
-rw-rw-r--    1 masa users           0  7月 26 15:20 file

echoコマンドで-nオプションを指定し、ファイル「file」へリダイレクトする。すると、ファイル名「file」の空のファイルが生成される。

●空のファイルを作成する

echoコマンドでファイルに出力する
$ echo > file

lsコマンドで生成されたファイルの詳細を見る
$ ls -l
-rw-rw-r--    1 masa users           1  7月 26 15:21 file

echoコマンドにオプション-nを付けないと、行末に改行が行われ、1つの改行コードが入った1バイトのファイルが作成される。完全に空(0バイト)のファイルは作成されない。

空のファイルを作成する(touchコマンド)

○ファイル名「file」という空のファイルを作成する

touchコマンドでファイルを指定する
$ touch file

touchコマンドで作成するファイル「file」を指定すると、空のファイル「file」が作成される。ログファイルなどで、事前にファイルを作っておかなくてはならない場合に用いる。作成された空のファイルのアクセス権は、モード 0666からumask値(この場合は0022)を引いた値0644に設定される。

lsコマンドでコマンドの実行結果を確認する
$ ls -l
-rw-r--r--  1 masa users    0  8月 17 14:40 file