すべてを

▼開く

閉じる▲

Iノードの使用状況をリスト表示する

○iノードの使用状況をリスト表示する

dfコマンドを-iオプションで実行する
$ df -i
Filesystem            Iノード  I使用   I残り I使用% マウント位置
/dev/hda2            1612512  146621 1465891   10% /
/dev/hda1              26104      55   26049    1% /boot
none                   14647       1   14646    1% /dev/shm

dfコマンドに-hオプションを付けて実行すると、i-ノードの使用状況を表示する。

ディスク容量に空きがあっても、i-ノードを使い果たして新たにファイルを作成できない場合がある。ファイルの新規作成ができなくなったり、コピーができなくなったりした場合、ディスクの空き容量のチェックとiノードのチェックが必要である。 通常のディスク容量使用率とI使用率は大きく異なる。

dfコマンドで表示される項目

Filesystem Iノード I使用 I残り I使用% マウント位置
デバイス名 iノード数 既に使用されたiノード数 使用できるiノード数 使用された比率 ファイルシステムがマウントされている位置