すべてを

▼開く

閉じる▲

Iノードの使用状況をリスト表示する

○iノードの使用状況をリスト表示する

dfコマンドを-iオプションで実行する
$ df -i
Filesystem            Iノード  I使用   I残り I使用% マウント位置
/dev/hda2            1612512  146621 1465891   10% /
/dev/hda1              26104      55   26049    1% /boot
none                   14647       1   14646    1% /dev/shm

dfコマンドに-hオプションを付けて実行すると、i-ノードの使用状況を表示する。

ディスク容量に空きがあっても、i-ノードを使い果たして新たにファイルを作成できない場合がある。ファイルの新規作成ができなくなったり、コピーができなくなったりした場合、ディスクの空き容量のチェックとiノードのチェックが必要である。 通常のディスク容量使用率とI使用率は大きく異なる。

dfコマンドで表示される項目

Filesystem Iノード I使用 I残り I使用% マウント位置
デバイス名 iノード数 既に使用されたiノード数 使用できるiノード数 使用された比率 ファイルシステムがマウントされている位置

すべてのファイルシステムを表示する

○空を含めてすべてのファイルシステムを表示する

dfコマンドを-aオプションで実行する
$ df -a
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2             12689724   3535660   8509456  30% /
none                         0         0         0   -  /proc
none                         0         0         0   -  /dev/pts
usbdevfs                     0         0         0   -  /proc/bus/usb
/dev/hda1               101089     28642     67228  30% /boot
none                     58588         0     58588   0% /dev/shm
/dev/cdrom              638478    638478         0 100% /mnt/cdrom

dfコマンドに-aオプションを付けて実行すると、サイズが 0 ブロックのファイルシステムやタイプが `ignore' または `auto' のファイルシステムをリスト表示に含める。 これらの情報は、デフォルトでは省かれる。

dfコマンドで表示される項目

Filesystem タイプ 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
デバイス名 ファイルシステムの種類 1024バイトを1ブロックとしたファイルシステムのブロック数 既に使用されたブロック数 使用できるブロック数 使用された比率 ファイルシステムがマウントされている位置

ファイルシステムの種類

Filesystem 説 明
/dev/hda1 ハードディスクのパーティーション
usbdevfs USBデバイスのファイルシステム
none HDDなどのような物理的なデバイスではなく、HDDのパーティーションの中などに存在するファイルシステム。物理的なデバイスとしては存在しないので「none」となる。
iso9660 CD-ROMのファイルシステム
hfs Macのファイルシステム

ディスクの使用状況を読みやすく表示する

○ファイルシステムの使用状況をサイズに単位を付けて表示する

dfコマンドを-hオプションで実行する
$ df -h
Filesystem          サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/hda2              13G  3.4G  8.2G  30% /
/dev/hda1              99M   28M   66M  30% /boot
none                   58M     0   58M   0% /dev/shm

dfコマンドに-hオプションを付けて実行すると、各サイズに単位を付けて表示する。
1Kバイトは1,024バイト、1Mバイトは1,048,576バイト、1Gバイトは1,073,741,824バイトであるため、実際の容量とは異なる値(少なめ)に表示される。

dfコマンドで表示される項目

Filesystem サイズ 使用 残り 使用% マウント位置
デバイス名 ファイルシステムの容量 既に使用された容量 使用できる容量 使用された比率 ファイルシステムがマウントされている位置

ディスクの使用状況を表示する

○ファイルシステムの使用状況を表示する

dfコマンドを実行する
$ df
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2             12689724   3535660   8509456  30% /
/dev/hda1               101089     28642     67228  30% /boot
none                     58588         0     58588   0% /dev/shm

dfコマンドを実行すると、現在マウントされている全ファイルシステムの使用量と使用可能量を表示する。

dfコマンドで表示される項目

Filesystem 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
デバイス名 1024バイト1ブロックとしたファイルシステムのブロック数 既に使用されたブロック数 使用できるブロック数 使用された比率 ファイルシステムがマウントされている位置

実際の容量は、ブロック数に1024バイトを掛けた値になる。
/dev/hda2の実際の総容量は、12689724 x 1024 = 12,994,277,376 バイトである。

1024バイトを1kとした場合は、表示された数値にkを付ければよい。

ディスクの使用状況を表示する(M単位)

○ファイルシステムの使用状況をM単位で表示する

dfコマンドを-mオプションで実行する
$ df -m
Filesystem           1M-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2                12393      3453      8311  30% /
/dev/hda1                   99        28        66  30% /boot
none                        58         0        58   0% /dev/shm

dfコマンドで-mオプションを指定すると、メガバイト (1,048,576 バイト) ブロック単位でサイズを表示する/dev/hda2の実際の総容量は、12393 x 1,048,576 = 12,995,002,368と計算され、12,995MBとなる。

dfコマンドで表示される項目

Filesystem 1M-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
デバイス名 1,048,576バイトを1ブロックとしたファイルシステムのブロック数 既に使用されたブロック数 使用できるブロック数 使用された比率 ファイルシステムがマウントされている位置

デバイスの情報を表示する

○デバイス「/dev/hda1」の情報を表示する

dfコマンドでデバイスを指定して実行する
$ df /dev/hda1
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hda1               101089     28642     67228  30% /boot

dfコマンドで、ファイルシステム「/dev/hda1」を指定すると、指定したファイルシステムの使用状況が表示される。

dfコマンドで表示される項目

Filesystem タイプ 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
デバイス名 ファイルシステムの種類 1024バイトを1ブロックとしたファイルシステムのブロック数 既に使用されたブロック数 使用できるブロック数 使用された比率 ファイルシステムがマウントされている位置

ローカルファイルシステムの使用状況のみをリスト表示する

○ローカルファイルシステムのみをリスト表示する

dfコマンドを-lオプションで実行する
$ df -l
Filesystem           1K-ブロック    使用   使用可 使用% マウント位置
/dev/hda2             12689724   3535660   8509456  30% /
/dev/hda1               101089     28642     67228  30% /boot
none                     58588         0     58588   0% /dev/shm

dfコマンドに-lオプションを付けて実行すると、ローカルに接続されたファイルシステムの情報だけを表示する。

dfコマンドで表示される項目

Filesystem タイプ 1K-ブロック 使用 使用可 使用% マウント位置
デバイス名 ファイルシステムの種類 1024バイトを1ブロックとしたファイルシステムのブロック数 既に使用されたブロック数 使用できるブロック数 使用された比率 ファイルシステムがマウントされている位置