すべてを

▼開く

閉じる▲

CD-ROMのイジェクト動作の詳細を表示して実行する

○CD-ROMのイジェクト動作の詳細を表示して実行する。

ejectコマンドを-vオプションで実行する
$ eject -v
eject: `cdrom' をデフォルトのデバイスにしています
eject: デバイス名は `cdrom' です
eject: 展開した名前は `/dev/cdrom' です
eject: `/dev/cdrom' は `/dev/hdc' へのリンクです
eject: `/dev/hdc' はマウントされていません
eject: `/dev/hdc' はマウントポイントではありません
eject: `/dev/hdc' はマルチパーティションデバイスです
eject: CD-ROM イジェクトコマンドを使って `/dev/hdc' をイジェクトしようとしています
eject: CD-ROM イジェクトコマンドが成功しました

ejectコマンドで-vオプションで実行すると、イジェクト動作の詳細を表示して実行する。

CD-ROMをイジェクトする

○CD-ROMをイジェクトする

ejectコマンドを実行する
$ eject

ejectコマンドを実行すると、デフォルトのデバイスであるcdromが対象となり、ディスクトレイがオープンする。スロットイン式の場合は、メディアが排出される。
ドライブによっては、メディアが入っていない場合はオープンしない場合がある。

ejectコマンドで「cdrom」と指定しても同様に動作する。

ejectコマンドでcdromを指定して実行する
$ eject cdrom

ejectコマンドのデフォルトのデバイス名を表示する

○ejectコマンドのデフォルトのデバイス名を表示する

ejectコマンドを-dオプションで実行する
$ eject -d
eject: default device: `cdrom'

ejectコマンドで-dオプションで実行すると、デフォルトに設定されているデバイス名を表示する。