すべてを

▼開く

閉じる▲

テキストファイルの行間を1行あけてダブルスペースにする

○テキストファイル「calender」の行間を1行あけてダブルスペースにする

catコマンドで整形するファイルを見る
$ cat calender
      1月 2007              2月 2007              3月 2007
日 月 火 水 木 金 土  日 月 火 水 木 金 土  日 月 火 水 木 金 土
    1  2  3  4  5  6               1  2  3               1  2  3
 7  8  9 10 11 12 13   4  5  6  7  8  9 10   4  5  6  7  8  9 10
14 15 16 17 18 19 20  11 12 13 14 15 16 17  11 12 13 14 15 16 17
21 22 23 24 25 26 27  18 19 20 21 22 23 24  18 19 20 21 22 23 24
28 29 30 31           25 26 27 28           25 26 27 28 29 30 31


prコマンドで-dtオプション、ファイル名を指定する
$ pr -dt calender
      1月 2007              2月 2007              3月 2007

日 月 火 水 木 金 土  日 月 火 水 木 金 土  日 月 火 水 木 金 土

    1  2  3  4  5  6               1  2  3               1  2  3

 7  8  9 10 11 12 13   4  5  6  7  8  9 10   4  5  6  7  8  9 10

14 15 16 17 18 19 20  11 12 13 14 15 16 17  11 12 13 14 15 16 17

21 22 23 24 25 26 27  18 19 20 21 22 23 24  18 19 20 21 22 23 24

28 29 30 31           25 26 27 28           25 26 27 28 29 30 31



catコマンドで、-dtオプション、ファイル名を指定すると、テキストファイルの行間を1行開けたダブルスペースに整形する。

prコマンドは、本来印刷用に整形するので、デフォルトではヘッダとフッタが付く。ここでは、-tオプションでヘッダとフッタを付けないで、単純なテキストの整形にする。

prコマンドのオプション
-d 行と行を1行あける(ダブルスペース)
-t ヘッダとフッタなし、改ページなし

テキストファイルの行頭に指定した数のマージンを入れる

○テキストファイル「calender」の行頭に8個のスペースを入れる

catコマンドで整形するファイルを見る
$ cat calender
                               2006

         1月                    2月                    3月
日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土
 1  2  3  4  5  6  7             1  2  3  4             1  2  3  4
 8  9 10 11 12 13 14    5  6  7  8  9 10 11    5  6  7  8  9 10 11
15 16 17 18 19 20 21   12 13 14 15 16 17 18   12 13 14 15 16 17 18
22 23 24 25 26 27 28   19 20 21 22 23 24 25   19 20 21 22 23 24 25
29 30 31               26 27 28               26 27 28 29 30 31

         4月                    5月                    6月
日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土
                   1       1  2  3  4  5  6                1  2  3
 2  3  4  5  6  7  8    7  8  9 10 11 12 13    4  5  6  7  8  9 10
 9 10 11 12 13 14 15   14 15 16 17 18 19 20   11 12 13 14 15 16 17
16 17 18 19 20 21 22   21 22 23 24 25 26 27   18 19 20 21 22 23 24
23 24 25 26 27 28 29   28 29 30 31            25 26 27 28 29 30
30
         7月                    8月                    9月
日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土
                   1          1  2  3  4  5                   1  2
 2  3  4  5  6  7  8    6  7  8  9 10 11 12    3  4  5  6  7  8  9
 9 10 11 12 13 14 15   13 14 15 16 17 18 19   10 11 12 13 14 15 16
16 17 18 19 20 21 22   20 21 22 23 24 25 26   17 18 19 20 21 22 23
23 24 25 26 27 28 29   27 28 29 30 31         24 25 26 27 28 29 30
30 31
        10月                   11月                   12月
日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土
 1  2  3  4  5  6  7             1  2  3  4                   1  2
 8  9 10 11 12 13 14    5  6  7  8  9 10 11    3  4  5  6  7  8  9
15 16 17 18 19 20 21   12 13 14 15 16 17 18   10 11 12 13 14 15 16
22 23 24 25 26 27 28   19 20 21 22 23 24 25   17 18 19 20 21 22 23
29 30 31               26 27 28 29 30         24 25 26 27 28 29 30
                                              31


prコマンドで-t -oオプション、スペース数、ファイル名を指定する
$ pr -t -o 8 calender
                                       2006

                 1月                    2月                    3月
        日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土
         1  2  3  4  5  6  7             1  2  3  4             1  2  3  4
         8  9 10 11 12 13 14    5  6  7  8  9 10 11    5  6  7  8  9 10 11
        15 16 17 18 19 20 21   12 13 14 15 16 17 18   12 13 14 15 16 17 18
        22 23 24 25 26 27 28   19 20 21 22 23 24 25   19 20 21 22 23 24 25
        29 30 31               26 27 28               26 27 28 29 30 31

                 4月                    5月                    6月
        日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土
                           1       1  2  3  4  5  6                1  2  3
         2  3  4  5  6  7  8    7  8  9 10 11 12 13    4  5  6  7  8  9 10
         9 10 11 12 13 14 15   14 15 16 17 18 19 20   11 12 13 14 15 16 17
        16 17 18 19 20 21 22   21 22 23 24 25 26 27   18 19 20 21 22 23 24
        23 24 25 26 27 28 29   28 29 30 31            25 26 27 28 29 30
        30
                 7月                    8月                    9月
        日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土
                           1          1  2  3  4  5                   1  2
         2  3  4  5  6  7  8    6  7  8  9 10 11 12    3  4  5  6  7  8  9
         9 10 11 12 13 14 15   13 14 15 16 17 18 19   10 11 12 13 14 15 16
        16 17 18 19 20 21 22   20 21 22 23 24 25 26   17 18 19 20 21 22 23
        23 24 25 26 27 28 29   27 28 29 30 31         24 25 26 27 28 29 30
        30 31
                10月                   11月                   12月
        日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土   日 月 火 水 木 金 土
         1  2  3  4  5  6  7             1  2  3  4                   1  2
         8  9 10 11 12 13 14    5  6  7  8  9 10 11    3  4  5  6  7  8  9
        15 16 17 18 19 20 21   12 13 14 15 16 17 18   10 11 12 13 14 15 16
        22 23 24 25 26 27 28   19 20 21 22 23 24 25   17 18 19 20 21 22 23
        29 30 31               26 27 28 29 30         24 25 26 27 28 29 30
                                                      31

catコマンドで、-t -oオプション、行頭に入れるスペースの数「8」、ファイル名を指定すると、テキストファイルの左側にマージンを入れて整形する。

prコマンドは、本来印刷用に整形するので、デフォルトではヘッダとフッタが付く。ここでは、-tオプションでヘッダとフッタを付けないで、単純なテキストの整形にする。oオプションは、行頭にマージンを入れるオプション。オプションの後の数値はマージンに入れるスペースの数。

prコマンドの初期設定値
設定項目 初期設定値 変更する場合のオプション指定
ページ長 66行
  (ヘッダ5行、フッタ5行を含む)
-l 数値
ページ幅 72文字 -W 数値
ヘッダ 5行
  (2行の空行
  日付・ファイル名・ページ番号
  2行の空行)
フッタ 5行の空行
左マージン 0文字 -o 数値

prコマンドのオプション
-t ヘッダとフッタを付けない
-o 数値 行頭にスペースを入れる

テキストを指定幅(バイト単位)に整形する

○テキスト「Desc_E.txt」を40桁に整形する

catコマンドで整形するテキストを見る
$ cat Desc_E.txt
Fold command
wrap each input lint to fit in specified width.
-c      count characters rather than columns
-s      break at spaces

foldコマンドで幅とファイルを指定する
$ fold -w 40 Desc_E.txt
Fold command
wrap each input lint to fit in specified
 width.
-c      count characters rather than col
umns
-s      break at spaces

foldコマンドで-wオプションで幅「40」ファイル「Desc_E.txt」を指定すると、単語の途中かどうかにかかわらず40桁で折り返す。

テキストを指定幅(単語単位)に整形する

○テキスト「Desc_E.txt」を単語単位で分割して40桁にする

catコマンドで整形するテキストを見る
$ cat Desc_E.txt
Fold command
wrap each input lint to fit in specified width.
-c      count characters rather than columns
-s      break at spaces

foldコマンドで幅とファイルを指定する
$ fold -s -w 40 Desc_E.txt
Fold command
wrap each input lint to fit in
specified width.
-c      count characters rather than
columns
-s      break at spaces

foldコマンドで-sオプション、-wオプションで幅「40」を指定し、ファイル「Desc_E.txt」を指定すると、単語の途中で折り返さずに単語単位で40桁に合わせて折り返す。

テキストを指定幅に整形する

○テキスト「Description.txt」を40桁(全角20文字)に整形する

catコマンドで整形するテキストを見る
$ cat Description.txt
foldコマンドは、テキストを指定した幅に整形して出力します。2バイトコードも正しく扱えるようです。

foldコマンドで幅とファイルを指定する
$ fold -w 40 Description.txt
foldコマンドは、テキストを指定した幅に整
形して出力します。2バイトコードも正しく
扱えるようです。

foldコマンドで-wオプションと幅「40」、整形するテキストファイル「Description.txt」を指定すると、テキストを40桁、日本語の場合は全角で40文字に整形する。このコマンドでは、日本語の禁則処理などは行われずに、単に指定幅で改行コードを入れるだけである。