すべてを

▼開く

閉じる▲

ワイルドカードを使って複数ファイルを一度にコピーする

○複数のファイルをワイルドカードを使って一度にコピーする

lsコマンドでコピーするファイルを見る
$ ls -l
drwxr-xr-x  2 masa users     4096  8月  6 01:17 Desktop
drwxr-xr-x  2 masa users     4096  8月  7 01:38 dir1
-rw-r--r--  1 masa project_x    0  8月 10 22:33 file1
-rw-r--r--  2 masa users      882  8月 18 18:42 file1.txt
-rw-r--r--  1 masa users      256  8月  6 01:34 file2.txt
-rw-r--r--  2 masa users      882  8月 18 18:42 hlinkfile.txt
lrwxrwxrwx  1 masa users        9  8月  6 01:37 slinkfile.txt -> file2.txt

cpコマンドでワイルドカード指定とコピー先ディレクトリを指定する
$ cp *.* dirx

cpコマンドで、ファイルを「*.*」ディレクトリを「dirx」と指示すると、カレントディレクトリにあるファイル(「ファイル名.拡張子」という形式を持つファイル)すべてを「dirx」にコピーする。この場合、「ファイル名」「.ファイル名」「ディレクトリ」はコピーされない。

lsコマンドでコマンド実行結果を確認する
$ ls -la dirx
drwxr-xr-x   2 masa users 4096  9月  8 17:15 .
drwx------  22 masa users 4096  9月  8 17:15 ..
-rw-r--r--   1 masa users  882  9月  8 17:16 file1.txt
-rw-r--r--   1 masa users  256  9月  8 17:16 file2.txt
-rw-r--r--   1 masa users  882  9月  8 17:16 hlinkfile.txt
-rw-r--r--   1 masa users  256  9月  8 17:16 slinkfile.txt

特定のファイル名を持つファイルをすべてコピーする

○ワイルドカード「?」を使って番号が200番台のファイルをコピーする

lsコマンドでディレクトリの内容を見る
$ ls
IMG0006.JPG  IMG0012.JPG  IMG0017.JPG  IMG0171.JPG  IMG0280.JPG
IMG0009.JPG  IMG0015.JPG  IMG0134.JPG  IMG0263.JPG  IMG0294.JPG

cpコマンドでコピーするファイルとコピー先ディレクトリを指定する
$ cp IMG02??.JPG ../backup

cpコマンドで、コピーするファイルを「IMG02??.JPG」移動先のディレクトリを「../backup」と指定すると、200番台のファイルがディレクトリ「../backup」にコピーされる。

lsコマンドで実行結果を確認する
$ ls ../backup
IMG0263.JPG  IMG0280.JPG  IMG0294.JPG

ワイルドカードの「?」は、任意の1文字を意味するので、「IMG02??.JPG」は「IMG02」の後の「??」の場所に任意の文字が2文字あるファイルを意味する。であるから、「IMG0200.JPG」のように数字が入ってもよいし「IMG02AB.JPG」のようにアルファベットが入ってもよい。このディレクトリにあるファイルでは、「IMG0263.JPG」「IMG0280.JPG」「IMG0294.JPG」の3つのファイルが該当する。

特定の拡張子(複数)を持つファイルをすべてコピーする

○ワイルドカード「*」を使って拡張子が「.tif」と「.tiff」のファイルをコピーする

lsコマンドでコピーするファイルを見る
$ ls
IMG0029.jpg   IMG0083.jpg   IMG0142.jpg  IMG0175.jpg  IMG0211.jpg
IMG0029.tiff  IMG0083.tiff  IMG0142.tif  IMG0175.tif  IMG0211.tif

cpコマンドでコピーするファイルとコピー先ディレクトリを指定する
$ cp *.ti* ../backup

cpコマンドでファイルを「*.ti*」、ディレクトリを「../backup」と指定すると、拡張子が「.tif」と「.tiff」のファイルがディレクトリ「../backup」にコピーされる。
ファイルを「*.tif*」と指定しても同様の結果が得られる。

lsコマンドで実行結果を確認する
$ ls ../backup
IMG0029.tiff  IMG0083.tiff  IMG0142.tif  IMG0175.tif  IMG0211.tif

ワイルドカードの「*」は、0文字以上の任意の文字を意味するため、1文字目の「*」はすべてのファイル名を指定し、後の「.ti*」は拡張子の「.ti」以降にどのような文字がきてもよいことを意味する。「*」の場合は0文字以上なので、「.ti」以降が0文字の「.ti」にも5文字の「.tiffany」にもマッチする。しかし、このディレクトリには拡張子が「.jpg」と「.tif」と「.tiff」しかないので、「.tif」と「.tiff」だけにマッチする。

特定の拡張子を持つファイルをすべてコピーする

○ワイルドカード「*」を使って拡張子が「.jpg」のファイルをコピーする

lsコマンドでコピーするファイルを見る
$ ls
IMG0029.jpg   IMG0083.jpg   IMG0142.jpg  IMG0175.jpg  IMG0211.jpg
IMG0029.tiff  IMG0083.tiff  IMG0142.tif  IMG0175.tif  IMG0211.tif

cpコマンドでコピーするファイルとコピー先ディレクトリを指定する
$ cp *.jpg ../backup

cpコマンドでコピーするファイルを「*.jpg」、コピー先のディレクトリを「../backup」と指定すると、拡張子が「jpg」のファイルがすべてディレクトリ「../backup」にコピーされる。

lsコマンドで実行結果を確認する
$ ls ../backup
IMG0029.jpg   IMG0083.jpg   IMG0142.jpg  IMG0175.jpg  IMG0211.jpg

アスタリスク「*」は、0文字以上の任意の文字列を意味するメタキャラクタで、ワイルドカードと呼ばれる。シェルがこれを解釈してコマンドを実行する。

最初の「*」は、ファイル名の本体がどのような名前でもよいことを意味し、「.jpg」は拡張子を「jpg」に特定している。つまり、「ファイル名.拡張子」型のファイルで拡張子に「jpg」を持つすべてのファイルを意味する。