すべてを

▼開く

閉じる▲

チェックサムを計算する

○rpmパッケージのチェックサムを計算する

lsコマンドでチェックサムを計算するファイルを見る
$ ls -l
-rw-------    1 root     root        30159  5月 18 01:31 telnet-server-0.17-26.2.i386.rpm

cksumコマンドでファイル名を指定して実行する
$ cksum telnet-server-0.17-26.2.i386.rpm
748577785 30159 telnet-server-0.17-26.2.i386.rpm

cksumコマンドに続いて、計算したいファイル「telnet-server-0.17-26.2.i386.rpm」を指定する。計算結果として、CRCチェックサムの値(748577785)、ファイルサイズ(30159)、ファイル名(telnet-server-0.17-26.2.i386.rpm)が返される。

cksumコマンドで計算したCRCチェックサムの値を、公表されている情報(転送元や配布物に値が載っている)と比較することで、主に、ダウンロードしたファイルが壊れていないか、また改変されたものではないかの確認する。現在は、MD5が主流であるので、あまり使われない。

ファイルのMD5チェックサムを計算する

○myfile1のmd5チェックサムを計算する

md5sumコマンドでファイルを指定する
$ md5sum myfile1
f6cd8dc730ee3ea7b1072e84093fb2f6  myfile1

md5sumコマンドでチェックサムを計算したいファイル「myfile1」を指定すると、MD5チェックサムが計算される。

md5sumコマンドで計算したMD5チェックサムの値を、公表されている情報(転送元や配布物に値が載っている)と比較することで、主に、ダウンロードしたファイルが壊れていないか、また改変されたものではないかの確認する。