すべてを

▼開く

閉じる▲

ディレクトリの内容を詳細に表示する

○カレントディレクトリの情報を詳細に表示する

lsコマンドで-lオプションを指定する
$ ls -l
合計 28
drwxr-xr-x    2 masa     users        4096  8月  6 01:17 Desktop
-r-x--x---    1 masa     users         512  8月  6 01:44 command
drwxr-xr-x    2 masa     users        4096  8月  6 02:09 dir1
drwxr-xr-x    3 masa     users        4096  8月  6 02:11 dir2
-rw-r--r--    2 masa     users         128  8月  6 01:25 file1.txt
-rw-r--r--    1 masa     users         256  8月  6 01:34 file2.txt
-rw-r--r--    2 masa     users         128  8月  6 01:25 hlinkfile.txt
lrwxrwxrwx    1 masa     users           9  8月  6 01:37 slinkfile.txt -> file2.txt

lsコマンドで-lオプションを指定して実行すると、カレントディレクトリの内容を詳細に表示する。表示の順は、ファイル名(ディレクトリを含む)のアルファベット順である。

ファイルサイズをアルファベットの逆順にソートして表示する場合は、rオプションを付けて「ls -lr」を実行する。

lsコマンドのオプション
-l 詳細な情報を表示する

指定したファイルの情報を詳細に表示する

○ファイル「file1.txt」の情報を詳細に表示する

lsコマンドで-lオプションとファイル名を指定する
$ ls -l file1.txt
-rw-r--r--    2 masa     users         128  8月  6 01:25 file1.txt

lsコマンドで-lオプション、ファイル名を指定すると、ファイルの詳細な情報を表示する。

-rw-r--r--   2  masa    users        128   8月  6  01:25  file1.txt
パーミッション リンク数 所有者 所属グループ サイズ 最終修正時刻 ファイル名






lsコマンドのオプション
-l 詳細な情報を表示する

指定したユーザのグループidを表示する

○ユーザ「guest」のプライマリーグループのidを表示する

idコマンドで-gオプション、ユーザ名を指定する
$ id -g guest
600

idコマンドで-gオプションとユーザ名「guest」を指定すると、そのユーザのプライマリーグループのidが表示される。

idコマンドのオプション
-g グループidを表示する

指定したユーザの所属するグループを表示する

○ユーザ「hiro」の所属するグループを表示する

groupsコマンドでユーザを指定する
$ groups hiro
hiro : users

groupsコマンドでユーザ「hiro」を指定して実行すると、ユーザ「hiro」が所属するグループが表示される。この例では、「users」に属していることが判る。

自分の所属するグループを表示する

○自分の所属するグループを表示する

groupsコマンドを実行する
$ groups
users project_x

groupsコマンドを実行すると、自分が所属するグループが表示される。この例では、「users」と「project_x」の2つのグループに属していることが判る。