すべてを

▼開く

閉じる▲

ディレクトリの実行権を所有者から奪う

○ディレクトリ「dir1」を所有者が実行不可にする

アクセス権を変更する元のディレクトリをリストで見る
$ ls -l
drwxr-xr-x    2 masa     users        4096  5月 20 17:50 dir1

chmodコマンドでアクセス権とディレクトリ名を指定する
$ chmod u-x dir1

chmodコマンドで、所有者を表す「u」に実行権の剥奪を表す「-x」対象ディレクトリ名「dir1」を指定すると、ディレクトリ「dir1」に所有者の実行不可が設定される。

lsコマンドで実行結果を見る
$ ls -l
drw-r-xr-x    2 masa     users        4096  5月 20 17:50 dir1

ディレクトリの所有者本人がコマンドを実行する場合「u」を省略することができる。

$ chmod -r dir1

ファイルの実行権を所有者から奪う

○ファイル「myfile1」を所有者が実行不可にする

lsコマンドでアクセス権を変更する元のファイルを見る
$ ls -l
-rwxrwxrwx    1 masa    users         268  6月  3 21:48 myfile1

chmodコマンドでアクセス権とファイル名を指定する
$ chmod u-x myfile1

chmodコマンドで、ファイルの所有者を示す「u」に実行不可を表す「-x」対象ファイル名「myfile1」を指定すると、ファイル「myfile1」に所有者の実行不可が設定される。

lsコマンドで実行結果を見る
$ ls -l
-rw-rwxrwx    1 masa    users         268  6月  3 21:48 myfile1

自らが所有するファイルを変更する場合、ファイルの所有者を示す「u」を省略して実行不可を表す「-x」だけでもよい。

$ chmod -x myfile1