すべてを

▼開く

閉じる▲

コマンドの中でコマンドの実行結果を利用する

○echoコマンドでdateコマンドの実行結果を使う

echoコマンドでdateコマンドの実行結果をファイルに出力する
$ echo `date -I` > memo.txt

echoコマンドで、バッククォート「`」でコマンド「date -I」を囲み、リダイレクト「>」でファイル「memo.txt」に出力する。これで、コマンド「date -I」の実行結果がファイルに保存される。

catコマンドでファイルの内容を見る
$ cat memo.txt
2006-04-27

バッククォート「`」は、それで囲まれたコマンドをその場で実行して結果を利用するシェルの機能。実行するコマンドの中で利用する。シェルがこれを解釈してコマンドを実行する。

バッククォート「`」をアポストロフィ「'」と間違えないように。