すべてを

▼開く

閉じる▲

コマンドをバックグラウンドで実行する

○アーカイブファイルをバックグラウンドで作成する

tarコマンドの最後に「&」を付けて実行する
$ tar -cf /tmp/masa_home.tar masa &
[1] 1455

tarコマンドで、オプション、ディレクトリ、ファイル名を指定し、最後にアンパサンド「&」を付ける。これでtarコマンドがバックグラウンドで実行される。

コマンドを実行した時に返ってくる「[1] 1455」の後の「1455」がプロセスIDで、プロセスを終了させたい時は、この番号を指定してkillコマンドを実行する。

普通にコマンドを実行すると、コマンドの実行に時間がかかる時はその間はプロンプトが返ってこないので何も操作ができない。そのような時に、時間のかかるコマンドをバックグラウンドで実行すればすぐに他の操作ができ、コマンドの終了を待つ必要が無くなる。

アンパサンド「&」は、コマンドをバックグラウンドで実行するシェルの機能。実行するコマンドの最後に付ける。シェルがこれを解釈してコマンドを実行する。

●バックグラウンドジョブにエラーが出た場合

tarコマンドをバックグラウンドで実行する
$ tar -cf /tmp/masa_home.tar masa &
[1] 1538
$ tar: masa/work/dir1~~/file1~: open 不能: 許可がありません
tar: 処理中にエラーが起きましたが、最後まで処理してからエラー終了させました

[1]+  Exit 2                  tar -cf /tmp/masa_home.tar masa

バックグラウンドでコマンドを実行中にエラーが出た場合は、エラーメッセージが端末に表示される。