すべてを

▼開く

閉じる▲

リダイレクト「>」を使って標準出力をファイルに変更する

○catコマンドの出力をリダイレクト「>」を使ってファイルに出力する

catコマンドで3つのファイルを連結してファイル「all.txt」に出力する
$ cat a.txt b.txt c.txt > all.txt

catコマンドで連結する3つのファイルを指定し、リダイレクト「>」で出力先をファイル「all.txt」にすれば、コマンドの出力がファイル「all.txt」に保存される。
ただし、ファイル「all.txt」が既に存在していた場合は、上書きされる。

リダイレクトは、標準入力の入力元あるいは標準出力の出力先を変更するシェルの機能。リダイレクション、I/Oリダイレクション、入出力リダイレクションなどとも言う。

大なり記号「>」は、標準出力の変更を意味するキャラクタで、リダイレクト、リダイレクション、I/Oリダイレクション、出力リダイレクションとも呼ばれる。標準出力は、画面に設定されているので、これを変更してファイルやデバイスなどにする時に利用する。シェルがこれを解釈してコマンドを実行する。

リダイレクトを使って標準入力と標準出力をファイルに変更する

○sedコマンドの入力と出力をリダイレクトを使ってファイルに変更する

sedコマンドで置換パターン、リダイレクト、入力ファイル、リダイレクト、出力ファイルを指定する
$ sed 's/streaming/stream/' < desc.txt > desc_new.txt

sedコマンドで置換パターン「's/streaming/stream/'」、リダイレクト「<」でファイル「desc.txt」、リダイレクト「>」でファイル「desc_new.txt」を指定する。
リダイレクト「<」で、コマンドの標準入力がキーボードからファイル「desc.txt」に変更される。ファイルの内容が置換パターン「's/streaming/stream/'」で置換され、コマンドの出力がリダイレクト「>」で標準出力の画面からファイル「desc_new.txt」に変更される。これにより、ファイルで入力された内容がコマンドで処理されてファイルに出力される。

小なり記号「<」は、標準入力の変更を意味するキャラクタで、リダイレクト、リダイレクション、I/Oリダイレクション、入力リダイレクションとも呼ばれる。標準入力は、キーボードに設定されているので、これを変更してファイルやデバイスなどにする時に利用する。シェルがこれを解釈してコマンドを実行する。

大なり記号「>」は、標準出力の変更を意味するキャラクタで、リダイレクト、リダイレクション、I/Oリダイレクション、出力リダイレクションとも呼ばれる。標準出力は、画面に設定されているので、これを変更してファイルやデバイスなどにする時に利用する。シェルがこれを解釈してコマンドを実行する。