すべてを

▼開く

閉じる▲

「>&」を使って標準エラー出力をファイルに保存する

○tarコマンドのエラー出力を「>&」を使ってファイルに保存する

tarコマンドのエラー出力をファイルに保存する
$ tar -cf /tmp/masa_home.tar masa  >& /tmp/error.txt

tarコマンドで-cfオプション、保存先、アーカイブするディレクトリを指定し、リダイレクト「>&」で標準エラー出力をファイル「/tmp/error.txt」に送る。これで、エラー出力が画面に表示されずにファイル「/tmp/error.txt」に送られて保存される。

catコマンドで出力されたエラーを見る
$ cat /tmp/error.txt
tar: masa/work/dir1~~/file2~: open 不能: 許可がありません
tar: 処理中にエラーが起きましたが、最後まで処理してからエラー終了させました

「>&」は、標準エラー出力の変更を意味する。標準エラー出力は、画面に設定されているので、これを変更してファイルやデバイスなどにする時に利用する。シェルがこれを解釈してコマンドを実行する。