すべてを

▼開く

閉じる▲

2つのファイルの違いを表示する(side-by-side 形式)

○元ファイル「original.txt」と変更後のファイル「modified.txt」の差分を取る(side-by-side 形式)

diffコマンドで-y、-wオプション、桁数、元ファイルと比較するファイルを指定する
$ diff -y -W 80 original.txt modified.txt
diff                                    diff

2つのファイルを比較してその違いを出力   2つのファイルを比較してその違いを出力

両方のファイルに存在する行              両方のファイルに存在する行
originalファイルにだけ存在する行      <

                                      > modifiedファイルにだけ存在する行

何らかの変更があった行                | なにか変更があった行

diffコマンドで-yオプション、-wオプションと桁数「80」、元ファイル「original.txt」と変更後のファイル「modified.txt」を指定すると、2つのファイルの差分をside-by-side 形式で横幅80桁で出力する。

side-by-side 形式では、元ファイルと変更後のファイルが2列で表示され、2つのファイルの間にマーカーが付けられる。

side-by-side形式のdiff出力の見方

ファイル間に付けられるマーカーの意味

マーカー 意 味
` ' 対応する行が共通、同一である
| 対応する行が異なる
< 1番目のファイルにだけこの行が存在する
> 2番目のファイルにだけこの行が存在する
( 1 番目のファイルにだけこの行が含まれているが、違いは無視される。
) 2 番目のファイルにだけこの行が含まれているが、違いは無視される。
\ 対応する行が異なる。1番目の行だけに行末の改行がない。
/ 対応する行が異なる。2番目の行だけに行末の改行がない。

--left-columnオプションで共通する行を左側だけに表示する
$ diff -y -W 80 --left-column original.txt modified.txt
diff                                  (
                                      (
2つのファイルを比較してその違いを出力 (
                                      (
両方のファイルに存在する行            (
originalファイルにだけ存在する行      <
                                      (
                                      > modifiedファイルにだけ存在する行
                                      (
何らかの変更があった行                | なにか変更があった行

diffコマンドで、-yオプション、-Wオプションでコラム数を80、--left-columnオプション、元ファイル「original.txt」と変更後のファイル「modified.txt」を指定すると、差分の共通行を左側にのみ表示するside-by-side 形式になる。