すべてを

▼開く

閉じる▲

コマンドのソースの場所を表示する

○コマンド「perl」のソースの場所を表示する

whereisコマンドで-sオプション、コマンドを指定する
$ whereis -s perl
perl:

whereisコマンドで-sオプションを指定し、コマンド「perl」を指示すると、コマンドのソースのパスが表示される。この例ではソースはインストールされていないので何も表示されていない。

コマンドのバイナリ・ソース・man ページの場所を表示する

○コマンド「perl」のバイナリ・ソース・man ページの場所を表示する

whereisコマンドでコマンドを指定する
$ whereis perl
perl: /usr/bin/perl /usr/share/man/man1/perl.1.gz

whereisコマンドでコマンド「perl」を指示すると、「perl」に関連してインストールされているファイルのバイナリ・ソース・man ページの場所を表示する。