すべてを

▼開く

閉じる▲

ファイルの末尾に追加されるログを常に表示する

○最新のログ「/var/log/messages」を常に表示する

tailコマンドで-fオプション、ファイルを指定する
$ tail -f /var/log/messages
Jun 15 12:04:27 polotxp atd: atd startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp rhnsd[1322]: Red Hat Network Services Daemon starting up.
Jun 15 12:04:28 polotxp rhnsd: rhnsd startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp xfs: ignoring font path element /usr/X11R6/lib/X11/fonts/cyrillic (unreadable)
Jun 15 12:04:28 polotxp mdmonitor: mdadm startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp mdmonitor: mdadm succeeded
Jun 15 12:05:50 polotxp ntpd[1220]: kernel time discipline status change 41
Jun 15 12:06:47 polotxp sshd(pam_unix)[1392]: session opened for user masa by (uid=0)
Jun 15 12:06:57 polotxp su(pam_unix)[1429]: session opened for user root by masa(uid=500)
Jun 15 12:07:59 polotxp ntpd[1220]: kernel time discipline status change 1

tailコマンドで-fオプションを指定し、表示するファイル「/var/log/messages」を指示すると、常に最新のログが表示される。

システムのログやHTTPDのログなどは、アクセスがあるたびにログファイルの末尾に記録が追加されていく。これらのログを常時表示させて監視する時に役立つ。

終了させるには、[control]-cを入力する。

ファイルの末尾部分を指定行数表示する

○ファイル「boot.log」の末尾部分の15行を表示する

tailコマンドで-nオプション、行数、ファイルを指定する
$ tail -n 15 boot.log
Jun 15 12:01:20 polotxp cups: cupsd startup succeeded
Jun 15 12:01:21 polotxp sshd:  succeeded
Jun 15 12:01:21 polotxp xinetd: xinetd startup succeeded
Jun 15 12:01:22 polotxp ntpd:  succeeded
Jun 15 12:01:21 polotxp last message repeated 2 times
Jun 15 12:01:21 polotxp ntpd: ntpd startup succeeded
Jun 15 12:03:24 polotxp sendmail: sendmail startup succeeded
Jun 15 12:04:24 polotxp sendmail: sm-client startup succeeded
Jun 15 12:04:26 polotxp canna:  succeeded
Jun 15 12:04:26 polotxp crond: crond startup succeeded
Jun 15 12:04:27 polotxp xfs: xfs startup succeeded
Jun 15 12:04:27 polotxp atd: atd startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp rhnsd: rhnsd startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp mdmonitor: mdadm startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp mdmonitor: mdadm succeeded

tailコマンドで-nオプションを指定し、表示する行数「15」と表示するファイル「boot.log」を指示すると、「boot.log」の最後の15行が表示される。

ファイルの末尾部分を表示する

○ファイル「boot.log」の末尾部分の10行を表示する

tailコマンドでファイルを指定する
$ tail boot.log
Jun 15 12:01:21 polotxp ntpd: ntpd startup succeeded
Jun 15 12:03:24 polotxp sendmail: sendmail startup succeeded
Jun 15 12:04:24 polotxp sendmail: sm-client startup succeeded
Jun 15 12:04:26 polotxp canna:  succeeded
Jun 15 12:04:26 polotxp crond: crond startup succeeded
Jun 15 12:04:27 polotxp xfs: xfs startup succeeded
Jun 15 12:04:27 polotxp atd: atd startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp rhnsd: rhnsd startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp mdmonitor: mdadm startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp mdmonitor: mdadm succeeded

tailコマンドで表示するファイル「boot.log」を指示すると、ファイルの最後の10行が表示される。

複数ファイルの末尾部分を表示する

○ファイル「nmbd.log」と「smbd.log」の末尾部分を一度に表示する

lsコマンドで表示するファイルを見る
$ ls
nmbd.log  smbd.log

tailコマンドでファイルを指定する
$ tail *.log
==> nmbd.log <==
  Netbios nameserver version 3.0.9-1.3E.3 started.
  Copyright Andrew Tridgell and the Samba Team 1994-2004
[2005/06/02 21:45:32, 0] nmbd/nmbd_become_lmb.c:become_local_master_stage2(396)
  *****

  Samba name server POLOTXP is now a local master browser for workgroup MYGROUP on subnet 192.168.0.9

  *****
[2005/06/02 22:30:30, 0] nmbd/nmbd.c:terminate(56)
  Got SIGTERM: going down...

==> smbd.log <==
[2005/06/02 21:39:42, 0] smbd/server.c:main(760)
  smbd version 3.0.9-1.3E.3 started.
  Copyright Andrew Tridgell and the Samba Team 1992-2004
[2005/06/02 21:42:04, 1] smbd/server.c:open_sockets_smbd(348)
  Reloading services after SIGHUP
[2005/06/02 21:42:04, 1] printing/printing.c:start_background_queue(1363)
  Reloading services after SIGHUP
[2005/06/02 21:42:29, 1] smbd/server.c:open_sockets_smbd(348)
  Reloading services after SIGHUP

tailコマンドで、表示するファイルを「*.log」で指定すると、指定された複数のファイルの末尾10行がそれぞれ表示される。複数ファイルの内容を確認したい場合などに役立つ。