すべてを

▼開く

閉じる▲

ファイルの移動時に移動先に新しいファイルがあれば移動しない

○ファイル「file1」をディレクトリ「backup」に移動する

lsコマンドで移動するファイルと移動先にあるファイルを見る
$ ls -lR
.:
合計 8
drwxr-xr-x    2 masa     users        4096 10月  9 18:42 backup
-rw-rw-r--    1 masa     users         256  5月 16 18:04 file1

./backup:
合計 4
-rw-r--r--    1 masa     users         256 10月  9 18:31 file1

mvコマンドで-uオプション、ファイル名、ディレクトリを指定する
$ mv -u file1 backup/

mvコマンドで-uオプション、移動するファイル「file1」、移動先のディレクトリ「backup/」を指定すると、「file1」がディレクトリ「backup/」に移動する。この時、「backup/」に元の「file1」よりもタイムスタンプの新しいファイルがあれば上書きされない。

lsコマンドで実行結果を確認する
$ ls -lR
.:
合計 8
drwxr-xr-x    2 masa     users        4096 10月  9 18:42 backup
-rw-rw-r--    1 masa     users         256  5月 16 18:04 file1

./backup:
合計 4
-rw-r--r--    1 masa     users         256 10月  9 18:31 file1

ファイルの移動時に上書きの可否を確認して実行する

○ファイル「file1」を「dir1」に移動する

mvコマンドで-iオプション、ファイルと移動先を指定する
$ mv -i file1 dir1
mv: `dir1/file1' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)? y

mvコマンドで-iオプションを指定し、移動するファイル「file1」、移動先のディレクトリ「dir1」を指定すると、移動先に同じファイルが存在した場合に上書きの可否を問い合わせてくる。上書きしてもよい場合は「y」、上書きしない場合は「n」を入力してリターンを押す。

ファイルを移動する

○ファイル「file1」をディレクトリ「dir1」に移動する

lsコマンドで移動するファイルを見る
$ ls -l
合計 8
drwxr-xr-x    2 masa     users        4096  6月  8 17:09 dir1
-rw-r--r--    1 masa     users         256  6月  8 17:08 file1

mvコマンドでファイルと移動先を指定する
$ mv file1 dir1

mvコマンドで移動するファイル「file1」、移動先のディレクトリ「dir1」を指定すると、「file1」がディレクトリ「dir1」に移動する。この時、「dir1」に「file1」が存在しても、何の警告も無く上書きされる。

lsコマンドで実行結果を確認する
$ ls -lR
.:
合計 4
drwxr-xr-x    2 masa     users        4096  6月  8 17:10 dir1

./dir1:
合計 4
-rw-r--r--    1 masa     users         256  6月  8 17:08 file1

ファイルを強制移動する

○ファイル「file1」をディレクトリ「dir1」に移動する

lsコマンドで移動するファイルを見る
$ ls -l
合計 8
drwxr-xr-x    2 masa     users        4096  6月  8 17:09 dir1
-rw-r--r--    1 masa     users         256  6月  8 17:08 file1

mvコマンドで-fオプション、ファイルと移動先を指定する
$ mv -f file1 dir1

mvコマンドで-fオプションを指定し、移動するファイル「file1」、移動先のディレクトリ「dir1」を指定すると、移動先に同じファイルが存在しても、そのまま上書きする。

lsコマンドで実行結果を確認する
$ ls -lR
.:
合計 4
drwxr-xr-x    2 masa     users        4096  6月  8 17:10 dir1

./dir1:
合計 4
-rw-r--r--    1 masa     users         256  6月  8 17:08 file1

特定のファイル名を持つファイルをすべて移動する

○ワイルドカード「?」を使って番号が200番台のファイルを移動する

lsコマンドでディレクトリの内容を見る
$ ls
IMG0006.JPG  IMG0012.JPG  IMG0017.JPG  IMG0171.JPG  IMG0280.JPG
IMG0009.JPG  IMG0015.JPG  IMG0134.JPG  IMG0263.JPG  IMG0294.JPG

mvコマンドで移動するファイルとディレクトリを指定する
$ mv IMG02??.JPG ../backup

mvコマンドで、移動するファイルを「IMG02??.JPG」移動先のディレクトリを「../backup」と指定すると、200番台のファイルがディレクトリ「../backup」に移動する。

lsコマンドで実行結果を確認する
$ ls ../backup
IMG0263.JPG  IMG0280.JPG  IMG0294.JPG

ワイルドカードの「?」は、任意の1文字を意味するので、「IMG02??.JPG」は「IMG02」の後の「??」の場所に任意の文字が2文字あるファイルを意味する。であるから、「IMG0200.JPG」のように数字が入ってもよいし「IMG02AB.JPG」のようにアルファベットが入ってもよい。このディレクトリにあるファイルでは、「IMG0263.JPG」「IMG0280.JPG」「IMG0294.JPG」の3つのファイルが該当する。

特定の拡張子(複数)を持つファイルをすべて移動する

○ワイルドカード「*」を使って拡張子が「.tif」と「.tiff」のファイルを移動する

lsコマンドで移動するファイルを見る
$ ls
IMG0029.jpg   IMG0083.jpg   IMG0142.jpg  IMG0175.jpg  IMG0211.jpg
IMG0029.tiff  IMG0083.tiff  IMG0142.tif  IMG0175.tif  IMG0211.tif

mvコマンドで移動するファイルと移動先ディレクトリを指定する
$ mv *.ti* ../backup

mvコマンドでファイルを「*.ti*」、ディレクトリを「 ../backup」と指定すると、拡張子が「.tif」と「.tiff」のファイルがディレクトリ「 ../backup」に移動する。
ファイルを「*.tif*」と指定しても同様の結果が得られる。

lsコマンドで実行結果を確認する
$ ls ../backup
IMG0029.tiff  IMG0083.tiff  IMG0142.tif  IMG0175.tif  IMG0211.tif

ワイルドカードの「*」は、0文字以上の任意の文字を意味するため、1文字目の「*」はすべてのファイル名を指定し、後の「.ti*」は拡張子の「.ti」以降にどのような文字がきてもよいことを意味する。「*」の場合は0文字以上なので、「.ti」以降が0文字の「.ti」にも5文字の「.tiffany」にもマッチする。しかし、このディレクトリには拡張子が「.jpg」と「.tif」と「.tiff」しかないので、「.tif」と「.tiff」だけにマッチする。

特定の拡張子を持つファイルをすべて移動する

○ワイルドカード「*」を使って拡張子が「.jpg」のファイルを移動する

lsコマンドで移動するファイルを見る
$ ls
IMG0029.jpg   IMG0083.jpg   IMG0142.jpg  IMG0175.jpg  IMG0211.jpg
IMG0029.tiff  IMG0083.tiff  IMG0142.tif  IMG0175.tif  IMG0211.tif

mvコマンドで移動するファイルと移動先ディレクトリを指定する
$ mv *.jpg ../backup

mvコマンドで移動するファイルを「*.jpg」、移動先のディレクトリを「../backup」と指定すると、拡張子が「jpg」のファイルがすべてディレクトリ「../backup」に移動される。

lsコマンドで実行結果を確認する
$ ls
IMG0029.tiff  IMG0083.tiff  IMG0142.tif  IMG0175.tif  IMG0211.tif

アスタリスク「*」は、0文字以上の任意の文字列を意味するメタキャラクタで、ワイルドカードと呼ばれる。シェルがこれを解釈してコマンドを実行する。

最初の「*」は、ファイル名の本体がどのような名前でもよいことを意味し、「.jpg」は拡張子を「jpg」に特定している。つまり、「ファイル名.拡張子」型のファイルで拡張子に「jpg」を持つファイルを意味する。