すべてを

▼開く

閉じる▲

ファイルの内容を行番号と共に表示する

○ファイル「boot.log」を行番号を付けて表示する

lessコマンドで-Nオプション、ファイルを指定する
$ less -N boot.log

       1 Apr  6 13:44:30 localhost syslog: syslogd startup succeeded
       2 Apr  6 13:44:30 localhost syslog: klogd startup succeeded
       3 Apr  6 13:44:30 localhost irqbalance: irqbalance startup succeeded
       4 Apr  6 13:44:30 localhost portmap: portmap startup succeeded
       5 Apr  6 13:44:31 localhost nfslock: rpc.statd startup succeeded
       6 Apr  6 13:44:31 localhost keytable: Loading keymap:
       7 Apr  6 13:44:31 localhost keytable:
       8 Apr  6 13:44:31 localhost keytable:
       9 Apr  6 13:44:31 localhost rc: Starting keytable:  succeeded
      10 Apr  6 13:44:32 localhost random: Initializing random number generator:
      10   succeeded

lessコマンドで-Nオプションと表示するファイル「boot.log」を指定すると、ファイルの内容が行番号付きで表示される。

画面制御のキー操作
戻る 進む
1行戻る y 1行進む [Return]
半画面戻る u 半画面進む d
1画面戻る b 1画面進む [Space]
1行目に戻る g 最終行に進む G

情報表示のキー操作
行番号の表示 -N [Return]
行番号の非表示 -N [Return]
表示位置の表示 -m
表示位置の表示(詳細) -M