すべてを

▼開く

閉じる▲

ディレクトリにあるファイルを圧縮する

○ディレクトリ「dirz」にあるファイルを圧縮する

lsコマンドで圧縮するファイルの詳細を見る
$ ls -lR dirz
dirz:
合計 256

-rw-rw----  1 masa users 114458  9月 12 17:18 messages.1
-rw-rw----  1 masa users  73002  9月  6 16:33 messages.2
-rw-rw----  1 masa users  54426  8月 30 17:29 messages.3

drwxr-xr-x  2 masa users   4096  9月 14 23:00 old

dirz/old:
合計 80
-rw-rw----  1 masa users  77191  8月 25 16:24 messages.4

gzipコマンドで-rオプション、ディレクトリを指定する
$ gzip -r dirz/

gzipコマンドでオプション-rを指定し、圧縮したいファイルのあるディレクトリ「dirz」を指定すると、ディレクトリの中とサブディレクトリのファイルが圧縮される。拡張子「.gz」は自動的に付けられる。また、元ファイルは圧縮ファイルに置き換わる。

gzipでは、ディレクトリの中にあるファイルを個別に圧縮するだけで、ディレクトリの中にあるファイルを1つのファイルにまとめて圧縮するわけではない。ディレクトリのファイルを1つにまとめるには、tarコマンドを使う。

lsコマンドでコマンドの実行結果を確認する コマンド実行結果をリストで見る
$ ls -lR dirz
dirz:
合計 44
-rw-rw----  1 masa users 13423  9月 12 17:18 messages.1.gz
-rw-rw----  1 masa users  9803  9月  6 16:33 messages.2.gz
-rw-rw----  1 masa users  8455  8月 30 17:29 messages.3.gz
drwxr-xr-x  2 masa users  4096  9月 14 23:00 old

dirz/old:
合計 12
-rw-rw----  1 masa users 10327  8月 25 16:24 messages.4.gz

○圧縮の詳細を表示してコマンドを実行する

gzipコマンドで-rvオプション、ディレクトリを指定する
$ gzip -rv dirz/
dirz//messages.2:        86.6% -- replaced with dirz//messages.2.gz
dirz//messages.3:        84.5% -- replaced with dirz//messages.3.gz
dirz//messages.1:        88.3% -- replaced with dirz//messages.1.gz
dirz//old/messages.4:    86.7% -- replaced with dirz//old/messages.4.gz

gzipコマンドでvオプションを付け加えて実行すると、コマンド実行の詳細を表示しながらコマンドを実行する。

ファイルを圧縮する

○ファイル「message.log」を圧縮する

lsコマンドで圧縮するファイルの詳細を見る
$ ls -l message.log
-rw-r--r--  1 masa users 367801  9月 15 00:18 message.log

gzipコマンドでファイルを指定する
$ gzip message.log

gzipコマンドで圧縮するファイル「message.log」を指定すると、「message.log」が圧縮されて「message.log.gz」が生成される。拡張子「.gz」は自動的に付けられる。また、元ファイルは圧縮ファイルに置き換わる。

lsコマンドでコマンドの実行結果を確認する
$ ls -l
-rw-r--r--  1 masa users 32462  9月 15 00:18 message.log.gz

圧縮の詳細を表示してファイルを圧縮する

○ファイル「message.log」を圧縮して結果を表示する

lsコマンドで圧縮するファイルの詳細を見る
$ ls -l message.log
-rw-r--r--  1 masa users 367801  9月 15 00:18 message.log

gzipコマンドで-vオプション、ファイルを指定する
$ gzip -v message.log
message.log:     91.2% -- replaced with message.log.gz

gzipコマンドで-vオプションで圧縮するファイル「message.log」を指定すると、「message.log」が圧縮されて「message.log.gz」が生成され、圧縮率と名前が表示される。拡張子「.gz」は自動的に付けられる。また、元ファイルは圧縮ファイルに置き換わる。

lsコマンドでコマンドの実行結果を確認する
$ ls -l
-rw-r--r--  1 masa users 32462  9月 15 00:18 message.log.gz

元ファイルを残してファイルを圧縮する

○元ファイル「message.log」を残して圧縮ファイル「message.log.gz」を別に作成する

lsコマンドで圧縮するファイルの詳細を見る
$ ls -l message.log
-rw-r--r--  1 masa users 367801  9月 15 00:18 message.log

gzipコマンドで-cオプション、ファイルを指定する
$ gzip -c message.log > message.log.gz

gzipコマンドで-cオプションで圧縮するファイル「message.log」を指定し、その出力をリダイレクトでファイル「message.log.gz」にすると、「message.log」が圧縮されて「message.log.gz」が生成される。元のファイルは元のまま残される。

lsコマンドでコマンドの実行結果を確認する
$ ls -l
-rw-r--r--  1 masa users     367801  9月 15 00:18 message.log
-rw-r--r--  1 masa users      32462  9月 15 02:11 message.log.gz