すべてを

▼開く

閉じる▲

全てのファイルのディスク使用量をバイトで表示する

○カレントディレクトリの全てのファイルについてディスク使用量をバイトで表示する

duコマンドを-abオプションで実行する
$ du -ab
4096    ./.kde/Autostart/.directory
8192    ./.kde/Autostart
12288   ./.kde
8192    ./.canna
4096    ./.bash_logout
4096    ./.bash_profile
4096    ./.bashrc
4096    ./.gtkrc
4096    ./.xemacs/init.el
8192    ./.xemacs
4096    ./.emacs

・・・・・・・・・・・・ 中 略 ・・・・・・・・・・・・

188416  ./.Trash
4096    ./.emacs.d/auto-save-list
8192    ./.emacs.d
112037888       .

duコマンドで-abオプションを指定して実行すると、現在のディレクトリ下のすべてのファイルのディスク使用量をバイト数で第1列に表示する。

最後の行に表示される数値(この例では112037888)が使用量の総計である。

全てのファイルのディスク使用量をブロック数で表示する

○カレントディレクトリの全てのファイルについてディスク使用量を表示する

duコマンドを-aオプションで実行する
$ du -a
4       ./.kde/Autostart/.directory
8       ./.kde/Autostart
12      ./.kde
8       ./.canna
4       ./.bash_logout
4       ./.bash_profile
4       ./.bashrc
4       ./.gtkrc
4       ./.xemacs/init.el
8       ./.xemacs
4       ./.emacs

・・・・・・・・・・・・ 中 略 ・・・・・・・・・・・・

184     ./.Trash
4       ./.emacs.d/auto-save-list
8       ./.emacs.d
109412  .

duコマンドで-aオプションを指定して実行すると、現在のディレクトリ下のすべてのファイルのディスク使用量をブロック数で第1列に表示する。

最後の行に表示される数値(この例では109412)が使用ブロック数の総計である。

1ブロックは1024バイトなので、2の累乗での単位は1kバイトになる。ブロック数表示の場合、表示される数値は「kバイト」と考えればよい。

全てのファイルのディスク使用量を単位(2の累乗)を付けて表示する

○カレントディレクトリの全てのファイルについてディスク使用量を単位(2の累乗)を付けて表示する

duコマンドを-ahオプションで実行する
$ du -ah
4.0K    ./.kde/Autostart/.directory
8.0K    ./.kde/Autostart
12K     ./.kde
8.0K    ./.canna
4.0K    ./.bash_logout
4.0K    ./.bash_profile
4.0K    ./.bashrc
4.0K    ./.gtkrc
4.0K    ./.xemacs/init.el
8.0K    ./.xemacs
4.0K    ./.emacs

・・・・・・・・・・・・ 中 略 ・・・・・・・・・・・・

184K    ./.Trash
4.0K    ./.emacs.d/auto-save-list
8.0K    ./.emacs.d
107M    .

duコマンドで-ahオプションを指定して実行すると、現在のディレクトリ下のすべてのファイルのディスク使用量を単位(2の累乗)を付けて第1列に表示する。

最後の行に表示される数値(この例では107M)が使用量の総計である。