すべてを

▼開く

閉じる▲

上書きの可否を問い合わせてコピーする

○上書きをチェックしてファイル「file1」を「file2」にコピーする

cpコマンドで-iオプション、コピー元ファイルとコピー先ファイルを指定する
$ cp -i file1 file2
cp: `file2' を上書きしてもよろしいですか(yes/no)?

cpコマンドで-iオプションを指定してコピー元ファイル「file1」とコピー先ファイル「file2」を指示すると、コピー先のファイル名として指定した「file2」が既に存在する場合、それに上書きしてもよいかを尋ねてくる。ここで「y」と入力すると上書きが実行され、「n」と入力するとコピーコマンドは実行されずに終了する。