すべてを

▼開く

閉じる▲

ファイルの先頭を指定行数表示する

○ファイル「message.log」の先頭15行を表示する

headコマンドで-nオプション、行数、ファイルを指定する
$ head -n 15 message.log
Jul 25 15:47:37 localhost syslogd 1.4.1: restart.
Jul 25 15:52:07 localhost login(pam_unix)[2590]: authentication failure; logname= uid=0 euid=0 tty=pts/1 ruser= rhost=192.168.0.3  user=masay
Jul 25 15:52:10 localhost login[2590]: FAILED LOGIN 1 FROM 192.168.0.3 FOR masay, Authentication failure
Jul 25 15:52:15 localhost login(pam_unix)[2590]: session opened for user masay by (uid=0)
Jul 25 15:52:15 localhost  -- masay[2590]: LOGIN ON pts/1 BY masay FROM 192.168.0.3
Jul 25 15:53:44 localhost kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
Jul 25 15:53:44 localhost kernel: hda: dma_intr: error=0x84 { DriveStatusError BadCRC }
Jul 25 17:33:05 localhost login(pam_unix)[2590]: session closed for user masay
Jul 25 17:33:33 localhost gdm(pam_unix)[1969]: session closed for user masay
Jul 25 17:33:35 localhost cannaserver[1847]: [masay] Read request failed
Jul 25 17:33:43 localhost gconfd (masay-2035): GConf ?202??203??203\220?203??201\214使?224??201\225?202\214?201??201\204?201??201\233?202\223?200\202?202??203??203\203?203\210?203\200?202??203??201\227?201??201\231?200\202
Jul 25 17:33:43 localhost gconfd (masay-2035): ?202?206?201\227?201??201\231?200\202
Jul 26 14:48:55 localhost syslogd 1.4.1: restart.
Jul 26 14:48:55 localhost syslog: syslogd startup succeeded
Jul 26 14:48:55 localhost kernel: klogd 1.4.1, log source = /proc/kmsg started.

headコマンドで-nオプションを指定し、表示する行数「15」ファイル名「message.log」を指定して実行すると、ファイルの先頭から15行を表示する。どのような内容かを簡単に確認する時に使う。すべてを見る場合は、moreやlessなどのコマンドを使う。

ファイルの先頭を表示する

○ファイル「message.log」の先頭10行を表示する

headコマンドでファイルを指定する
$ head message.log
Jul 25 15:47:37 localhost syslogd 1.4.1: restart.
Jul 25 15:52:07 localhost login(pam_unix)[2590]: authentication failure; logname= uid=0 euid=0 tty=pts/1 ruser= rhost=192.168.0.3  user=masay
Jul 25 15:52:10 localhost login[2590]: FAILED LOGIN 1 FROM 192.168.0.3 FOR masay, Authentication failure
Jul 25 15:52:15 localhost login(pam_unix)[2590]: session opened for user masay by (uid=0)
Jul 25 15:52:15 localhost  -- masay[2590]: LOGIN ON pts/1 BY masay FROM 192.168.0.3
Jul 25 15:53:44 localhost kernel: hda: dma_intr: status=0x51 { DriveReady SeekComplete Error }
Jul 25 15:53:44 localhost kernel: hda: dma_intr: error=0x84 { DriveStatusError BadCRC }
Jul 25 17:33:05 localhost login(pam_unix)[2590]: session closed for user masay
Jul 25 17:33:33 localhost gdm(pam_unix)[1969]: session closed for user masay
Jul 25 17:33:35 localhost cannaserver[1847]: [masay] Read request failed

headコマンドでファイル「message.log」を指定して実行すると、ファイルの先頭から10行を表示する。どのような内容かを簡単に確認する時に使う。すべてを見る場合は、moreやlessなどのコマンドを使う。

ファイルの内容とその表示位置(%)を表示する

○ファイル「boot.log」の内容と表示位置(%)を表示する

lessコマンドで-mオプション、ファイルを指定する
$ less -m boot.log
Apr  6 13:44:46 localhost xinetd: xinetd startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost sendmail: sendmail startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost sendmail: sm-client startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost gpm: gpm startup succeeded
Apr  6 13:44:52 localhost canna:  succeeded
Apr  6 13:44:52 localhost crond: crond startup succeeded
Apr  6 13:44:57 localhost xfs: xfs startup succeeded
Apr  6 13:44:57 localhost atd: atd startup succeeded
Apr  6 13:44:58 localhost firstboot: .
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot:
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot: XFree86 Version 4.3.0
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot:  (Red Hat Enterprise Linux release: 4.3.0-35.EL)
boot.log 3%

lessコマンドで-mオプションと表示するファイル「boot.log」を指定すると、ファイルの内容が表示され、最下段にファイルの先頭から何%の部分かが表示される。

画面制御のキー操作
戻る 進む
1行戻る y 1行進む [Return]
半画面戻る u 半画面進む d
1画面戻る b 1画面進む [Space]
1行目に戻る g 最終行に進む G

情報表示のキー操作
行番号の表示 -N [Return]
行番号の非表示 -N [Return]
表示位置の表示 -m
表示位置の表示(詳細) -M

ファイルの内容とその表示位置(行数と%)を表示する

○ファイル「boot.log」の内容と表示位置(行数と%)を表示する

lessコマンドで-Mオプション、ファイルを指定する
$ less -M boot.log
Apr  6 13:44:46 localhost xinetd: xinetd startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost sendmail: sendmail startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost sendmail: sm-client startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost gpm: gpm startup succeeded
Apr  6 13:44:52 localhost canna:  succeeded
Apr  6 13:44:52 localhost crond: crond startup succeeded
Apr  6 13:44:57 localhost xfs: xfs startup succeeded
Apr  6 13:44:57 localhost atd: atd startup succeeded
Apr  6 13:44:58 localhost firstboot: .
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot:
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot: XFree86 Version 4.3.0
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot:  (Red Hat Enterprise Linux release: 4.3.0-35.EL)
boot.log lines 1-53/1988 3%

lessコマンドで-Mオプションと表示するファイル「boot.log」を指定すると、ファイルの内容が表示され、最下段にファイルのどの部分が表示されているかが表示される。

この例では、1-53が現在表示されている部分の行番号、1988がファイルの全行数、3%がファイルの先頭から表示されている部分の割合を示す。

画面制御のキー操作
戻る 進む
1行戻る y 1行進む [Return]
半画面戻る u 半画面進む d
1画面戻る b 1画面進む [Space]
1行目に戻る g 最終行に進む G

情報表示のキー操作
行番号の表示 -N [Return]
行番号の非表示 -N [Return]
表示位置の表示 -m
表示位置の表示(詳細) -M

ファイルの内容を一画面ずつ表示する

○ファイルの内容を表示画面を制御しながら表示する(more)

moreコマンドでファイルを指定する
$ more file

moreコマンドでファイル「file」を指定すると、ファイルの内容を画面単位で表示する。

画面制御のキー操作
戻る 進む
1画面戻る b 1画面進む [Space]
1行進む [Return]
半画面進む d

moreの終了 q

現在は、多機能なlessコマンドのほうがよく使われている。

ファイルの内容を行番号と共に表示する

○ファイル「boot.log」を行番号を付けて表示する

lessコマンドで-Nオプション、ファイルを指定する
$ less -N boot.log

       1 Apr  6 13:44:30 localhost syslog: syslogd startup succeeded
       2 Apr  6 13:44:30 localhost syslog: klogd startup succeeded
       3 Apr  6 13:44:30 localhost irqbalance: irqbalance startup succeeded
       4 Apr  6 13:44:30 localhost portmap: portmap startup succeeded
       5 Apr  6 13:44:31 localhost nfslock: rpc.statd startup succeeded
       6 Apr  6 13:44:31 localhost keytable: Loading keymap:
       7 Apr  6 13:44:31 localhost keytable:
       8 Apr  6 13:44:31 localhost keytable:
       9 Apr  6 13:44:31 localhost rc: Starting keytable:  succeeded
      10 Apr  6 13:44:32 localhost random: Initializing random number generator:
      10   succeeded

lessコマンドで-Nオプションと表示するファイル「boot.log」を指定すると、ファイルの内容が行番号付きで表示される。

画面制御のキー操作
戻る 進む
1行戻る y 1行進む [Return]
半画面戻る u 半画面進む d
1画面戻る b 1画面進む [Space]
1行目に戻る g 最終行に進む G

情報表示のキー操作
行番号の表示 -N [Return]
行番号の非表示 -N [Return]
表示位置の表示 -m
表示位置の表示(詳細) -M

ファイルの内容を表示して、ファイル中の文字列を検索する

○ファイル「boot.log」を表示して文字列を検索する

lessコマンドでファイルを指定する
$ less boot.log
Apr  6 13:44:46 localhost xinetd: xinetd startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost sendmail: sendmail startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost sendmail: sm-client startup succeeded
Apr  6 13:44:49 localhost gpm: gpm startup succeeded
Apr  6 13:44:52 localhost canna:  succeeded
Apr  6 13:44:52 localhost crond: crond startup succeeded
Apr  6 13:44:57 localhost xfs: xfs startup succeeded
Apr  6 13:44:57 localhost atd: atd startup succeeded
Apr  6 13:44:58 localhost firstboot: .
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot:
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot: XFree86 Version 4.3.0
Apr  6 13:44:59 localhost firstboot:  (Red Hat Enterprise Linux release: 4.3.0-35.EL)
/xinetd

lessコマンド実行中に、最下行に表示されるプロンプト「:」部分に「/」に続いて検索する文字列を入力してリターンを押す。すると、該当する部分に移動し、検索された文字列が反転表示される。該当する文字列がなかった場合は、「Pattern not found (press RETURN)」と表示される。表示画面の2行目以降にあるパターンにマッチする行を検索する。

検索制御のキー操作
次検索 n
元に戻る N
検索の終了 Esc-u

画面制御のキー操作
戻る 進む
1行戻る y 1行進む [Return]
半画面戻る u 半画面進む d
1画面戻る b 1画面進む [Space]
1行目に戻る g 最終行に進む G

情報表示のキー操作
行番号の表示 -N [Return]
行番号の非表示 -N [Return]
表示位置の表示 -m
表示位置の表示(詳細) -M

ファイルの内容を表示する

○ファイル「a.txt」の内容を表示する

catコマンドで内容を表示するファイルを指定する
$ cat a.txt
*********************************************************************
*   ファイル「a.txt」の内容                                         *
*********************************************************************

テキストのおわり

catコマンドでファイル名「a.txt」を指示して実行すると、a.txtの内容が表示される。catコマンドでは、moreやlessなどのようにファイルの表示を制御できないので、内容が一度に表示されてしまう。内容が一画面を越える場合、途中で止めて見ることはできない。

ファイルの内容を表示画面を制御しながら表示する

○ファイル「boot.log」を表示する

lessコマンドでファイルを指定する
$ less boot.log
Apr  6 13:44:30 localhost syslog: syslogd startup succeeded
Apr  6 13:44:30 localhost syslog: klogd startup succeeded
Apr  6 13:44:30 localhost irqbalance: irqbalance startup succeeded
Apr  6 13:44:30 localhost portmap: portmap startup succeeded
Apr  6 13:44:31 localhost nfslock: rpc.statd startup succeeded
Apr  6 13:44:31 localhost keytable: Loading keymap:
Apr  6 13:44:31 localhost keytable:
Apr  6 13:44:31 localhost keytable:
Apr  6 13:44:31 localhost rc: Starting keytable:  succeeded
Apr  6 13:44:32 localhost random: Initializing random number generator:  succeeded

lessコマンドで、内容を表示するファイル「boot.log」を指定して実行すると、ファイルが1画面単位で表示される。画面表示を制御するには次のキーを使う。

画面制御のキー操作
戻る 進む
1行戻る y 1行進む [Return]
半画面戻る u 半画面進む d
1画面戻る b 1画面進む [Space]
1行目に戻る g 最終行に進む G

情報表示のキー操作
行番号の表示 -N [Return]
行番号の非表示 -N [Return]
表示位置の表示 -m
表示位置の表示(詳細) -M

ファイルの末尾部分を指定行数表示する

○ファイル「boot.log」の末尾部分の15行を表示する

tailコマンドで-nオプション、行数、ファイルを指定する
$ tail -n 15 boot.log
Jun 15 12:01:20 polotxp cups: cupsd startup succeeded
Jun 15 12:01:21 polotxp sshd:  succeeded
Jun 15 12:01:21 polotxp xinetd: xinetd startup succeeded
Jun 15 12:01:22 polotxp ntpd:  succeeded
Jun 15 12:01:21 polotxp last message repeated 2 times
Jun 15 12:01:21 polotxp ntpd: ntpd startup succeeded
Jun 15 12:03:24 polotxp sendmail: sendmail startup succeeded
Jun 15 12:04:24 polotxp sendmail: sm-client startup succeeded
Jun 15 12:04:26 polotxp canna:  succeeded
Jun 15 12:04:26 polotxp crond: crond startup succeeded
Jun 15 12:04:27 polotxp xfs: xfs startup succeeded
Jun 15 12:04:27 polotxp atd: atd startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp rhnsd: rhnsd startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp mdmonitor: mdadm startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp mdmonitor: mdadm succeeded

tailコマンドで-nオプションを指定し、表示する行数「15」と表示するファイル「boot.log」を指示すると、「boot.log」の最後の15行が表示される。

ファイルの末尾部分を表示する

○ファイル「boot.log」の末尾部分の10行を表示する

tailコマンドでファイルを指定する
$ tail boot.log
Jun 15 12:01:21 polotxp ntpd: ntpd startup succeeded
Jun 15 12:03:24 polotxp sendmail: sendmail startup succeeded
Jun 15 12:04:24 polotxp sendmail: sm-client startup succeeded
Jun 15 12:04:26 polotxp canna:  succeeded
Jun 15 12:04:26 polotxp crond: crond startup succeeded
Jun 15 12:04:27 polotxp xfs: xfs startup succeeded
Jun 15 12:04:27 polotxp atd: atd startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp rhnsd: rhnsd startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp mdmonitor: mdadm startup succeeded
Jun 15 12:04:28 polotxp mdmonitor: mdadm succeeded

tailコマンドで表示するファイル「boot.log」を指示すると、ファイルの最後の10行が表示される。

複数ファイルの末尾部分を表示する

○ファイル「nmbd.log」と「smbd.log」の末尾部分を一度に表示する

lsコマンドで表示するファイルを見る
$ ls
nmbd.log  smbd.log

tailコマンドでファイルを指定する
$ tail *.log
==> nmbd.log <==
  Netbios nameserver version 3.0.9-1.3E.3 started.
  Copyright Andrew Tridgell and the Samba Team 1994-2004
[2005/06/02 21:45:32, 0] nmbd/nmbd_become_lmb.c:become_local_master_stage2(396)
  *****

  Samba name server POLOTXP is now a local master browser for workgroup MYGROUP on subnet 192.168.0.9

  *****
[2005/06/02 22:30:30, 0] nmbd/nmbd.c:terminate(56)
  Got SIGTERM: going down...

==> smbd.log <==
[2005/06/02 21:39:42, 0] smbd/server.c:main(760)
  smbd version 3.0.9-1.3E.3 started.
  Copyright Andrew Tridgell and the Samba Team 1992-2004
[2005/06/02 21:42:04, 1] smbd/server.c:open_sockets_smbd(348)
  Reloading services after SIGHUP
[2005/06/02 21:42:04, 1] printing/printing.c:start_background_queue(1363)
  Reloading services after SIGHUP
[2005/06/02 21:42:29, 1] smbd/server.c:open_sockets_smbd(348)
  Reloading services after SIGHUP

tailコマンドで、表示するファイルを「*.log」で指定すると、指定された複数のファイルの末尾10行がそれぞれ表示される。複数ファイルの内容を確認したい場合などに役立つ。