すべてを

▼開く

閉じる▲

指定時間後にコマンドを実行する

○3分後にlprコマンドを実行して印刷する

sleepコマンドで時間、
$ sleep 180; lpr file1.txt

sleepコマンドで停止時間「180」秒を指定し、処理終了後に次のコマンドを実行させるために「;」、印刷コマンドの「lpr」と印刷ファイル「file1.txt」を指定する。180秒後にlprコマンドが実行される。

時間指定は、何も単位を付けずに数字だけを指定した場合は「秒」と解釈される。

時間指定に付ける単位
時 間 単 位
s
m
時間 h
d

グループ化したコマンドをバックグラウンドで実行する
$ (sleep 180 ; lpr file1.txt) &
[1] 1481

複数のコマンドを1つのコマンドとして実行するために、「()」でコマンドのグループ化を行う。また、sleepコマンドを実行すると、指定時間だけターミナルが動作を止めてしまうので、実際にはこれらのコマンドをバックグラウンドで実行するため、&を付ける。

バックグラウンドで実行した場合、プロセス番号を返してくる。この場合、「1481」がプロセス番号である。このコマンドの実行を中止する場合は、このプロセス番号を指定してプロセスを終了させる。